算数チャチャチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
算数チャチャチャ
歌手 ペギー葉山ヤング101
作詞者 山口和義
作曲者 山口和義
編曲者 一ノ瀬義孝
映像 スキャニメイト
初放送月 1973年6月-7月
再放送月 1974年8月-9月
1976年10月-11月
1995年10月-11月(ラジオのみ)
1997年4月-5月(ラジオのみ)
2002年2月-3月(ラジオのみ)
2010年10月-11月
2016年6月-7月[1]
テンプレートを表示

算数チャチャチャ」(さんすうチャチャチャ)は、日本作詞作曲:山口和義。NHKの番組『あなたのメロディー』の入選曲で、1973年6月から、NHKの歌番組『みんなのうた』で放送された[1]

概要[編集]

『あなたのメロディー』ではペギー葉山、『みんなのうた』ではペギー葉山&ヤング101によって歌われた。映像は、当時の最先端技術を使用した、スキャニメイトアニメーションであった。

作詞・作曲を担当したのは山口和義。歌詞の全てで、数学の問題の解法を説明する。題名は算数でありながら、内容的には中学校高等学校で扱う内容(平方根三角比三角関数)となっており、明らかに数学である[1]。したがって小学生には意味がわからないと思われるにもかかわらず、小学生にも広く浸透した。楽曲はチャチャのリズムが用いられ、「チャチャチャ」という歌詞が合いの手風に挿入される。九州や東海などで「早く」という意味の「ちゃっちゃ」、あるいは「ちゃちゃっと」という方言があるが、この語に掛けているとも思われる[誰によって?]。なお、ペギー葉山が平然とした顔でこれを歌うので、NHKエンタープライズの川島龍彦が彼女に「よくすらすら解けますね」と尋ねたところ「バカねえ、わたしにできるわけないじゃない」と言われた、とのエピソードがある(NHKみんなのうた45周年ベスト選集解説)。

1973年放送後も、人気が高く、2002年にはラジオで再放送を、2006年9月1日には『お元気ですか日本列島』内リクエストで、2006年2007年12月31日には『きょうは一日“みんなのうた”三昧』内リクエストで、それぞれ放送された。そして2010年2016年[1]では、久々に地上波定時番組でも再放送された。なお2000年代以降のテレビでの再放送は、画面両脇にサイドパネルを添えているものの、映像はデジタルリマスター化されず、歌詞・歌手名のテロップはニュープリント化されてない。

なお、『みんなのうた』では、放送時間の都合上1・2番のみを放送している。CD収録では、3番まで含まれる場合もある。

特撮テレビ番組『ウルトラマンレオ』の第35話「おいらは怪獣大将だ!」にて、BGMとしてメロディーが使われている。

なおペギー葉山は2017年4月12日逝去、本曲が生前放送した曲では最後となった。

歌詞の内容[編集]

以下、歌詞の内容を数学の問題と解法の形に再構成して説明する。

  • 1番 (中学3年で習う平方根の計算の問題である)

問い:を簡単にせよ。

答え:分子を共通因数でくくると、

これによって分母と分子をで約分できる。
従って


  • 2番 (高校数学の三角関数のsinθ、cosθ、tanθの関係を説明した問題)

問い:であるとき、の値を求めよ。

答え:なので、

ここから、直角を挟む2辺a,bと斜辺cについてであることがわかる。

従って、


なお、本問ではの変域が限定されていないので、厳密には
(複号同順)
が正答である。


  • 3番 (これも高校で習う三角関数の、グラフについての問題)

問い:のグラフを書け。

答え:のグラフは

からの範囲では1から0を経過して-1に達する。
これに対してであるから、グラフは-方向にずれることになる。
従って、そのグラフは同じ範囲では0から-1を経てまた0を通って1に達するものとなる。
また、方向に平行移動したものになる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「NHKみんなのうた」聞いて文系絶叫 「算数チャチャチャ」の問題、難し過ぎる!”. 株式会社ジェイ・キャスト(J-CASTニュース) (2016年6月23日). 2016年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]