笹川久吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笹川 久吾(ささがわ きゅうご、1894年明治27年)9月5日 - 1968年昭和43年)5月16日)は、日本医師生理学者、医学博士日本鍼灸学会初代会長、日本良導絡学会初代会長、京都大学名誉教授。

略歴[編集]

新潟県西蒲原郡金巻村(現新潟市)出身。1914年(大正3年)に新潟中学校を卒業、1919年(大正8年)に第四高等学校を卒業[注 1]京都帝国大学医学部医学科に入学、生理学教室で石川日出鶴丸に師事、1923年(大正12年)に卒業。

1925年(大正14年)に京都帝国大学医学部生理学教室助手に就任[注 2]、1929年(昭和4年)に京都帝国大学医学部生理学教室講師に就任。同年に京都帝国大学から医学博士号を取得。1939年(昭和14年)に大阪高等医学専門学校教授に就任。

1940年(昭和15年)に京都帝国大学医学部生理学教室教授に就任、医学生物学用の電子顕微鏡を開発[1][2][3][4][5][注 3]超音波を生理学的に研究[1][4][7]スポーツ医学の基礎を構築[1][2]鍼灸を近代医学に導入[7][8][9][10]

1948年(昭和23年)に日本鍼灸学会初代会長に就任[9][注 4]。1952年(昭和27年)から1957年(昭和32年)まで、中谷義雄[注 5]を指導。1957年(昭和32年)に京都大学を定年退官[13][14]、京都大学名誉教授の称号を受称。

1959年(昭和34年)に大阪医科大学医学部生理学教室教授に就任[15]、1960年(昭和35年)に日本良導絡学会初代会長に就任[12][注 4]。1966年(昭和41年)に聖ジョン騎士団勲章en:Order of Saint John)ナイトを受章[12]

日本の医用電子工学の先駆者で、医学生物学用の電子顕微鏡のほかに、理化学研究所渡辺俊平とともにオシロスコープを製作し、日本で最初に神経電流を記録した[16]

著書[編集]

編書[編集]

  • 『電子顯微鏡』本田書店、1951年。

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1915年(大正4年)に第四高等学校に入学、第2年次に原級留置
  2. ^ 大日本武徳会武道専門学校の文科教員を兼任。
  3. ^ 1940年昭和15年)に完成[6]
  4. ^ a b 1968年(昭和43年)に心筋梗塞で亡くなるまで在任[11][12]
  5. ^ 良導絡の発見者。

出典[編集]

  1. ^ a b c 自律神経雑誌』第15巻第6号、18頁。
  2. ^ a b 自律神経雑誌』第15巻第6号、20頁。
  3. ^ 自律神経雑誌』第15巻第6号、24頁。
  4. ^ a b 日本良導絡自律神経雑誌』第23巻第6号、175頁。
  5. ^ 顕微鏡』第41巻、48-49頁。
  6. ^ 顕微鏡』第41巻、49頁。
  7. ^ a b 日本人名大辞典』850頁。
  8. ^ 自律神経雑誌』第15巻第6号、18-19頁。
  9. ^ a b 日本良導絡自律神経雑誌』第23巻第6号、176頁。
  10. ^ 20世紀日本人名事典 あ〜せ』1145頁。
  11. ^ 設立経緯 愛知地方会 一般社団法人 生体制御学会
  12. ^ a b c 日本良導絡自律神経学会 学会について
  13. ^ 日本良導絡自律神経雑誌』第23巻第6号、177頁。
  14. ^ 日本良導絡自律神経学会雑誌』第36巻第9号、230頁。
  15. ^ 日本良導絡自律神経学会雑誌』第41巻第9号、198頁。
  16. ^ 顕微鏡』第41巻、48頁。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
設立
日本鍼灸学会会長
初代:1948年 - 1968年
次代:
加藤幹夫
先代:
設立
日本良導絡学会会長
初代:1960年 - 1968年
次代:
野津謙