近藤正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 正二(こんどう しょうじ、1893年明治26年)2月5日 - 1977年昭和52年)1月22日)は、日本医師衛生学者、細菌学者、医学博士。元東北帝国大学医学部学部長、日本衛生学会名誉会員、東北大学名誉教授。

略歴[編集]

新潟県新潟市本町通10番町出身。1910年明治43年)3月に新潟中学校を卒業[注 1]1913年大正2年)7月に第一高等学校を卒業[注 2]1917年(大正6年)12月に東京帝国大学医科大学医学科を卒業[注 3]

1918年(大正7年)1月に東北帝国大学医科大学細菌学教室助手に就任、1920年(大正9年)に東北帝国大学医学部細菌学教室講師に就任、1921年(大正10年)3月に東北帝国大学医学部細菌学教室助教授に就任。

1925年(大正14年)6月に東北帝国大学から医学博士号を取得。1925年(大正14年)4月から1927年昭和2年)7月まで、文部省在外研究員として衛生学の研究のため、ドイツフライブルク大学に留学[2][3]

1927年(昭和2年)8月に東北帝国大学医学部衛生学教室教授に就任、1937年(昭和12年)8月に東北帝国大学医学部学部長に就任[注 4]1945年(昭和20年)に勲二等瑞宝章を受章[5][6]

1946年(昭和21年)にGHQから、小麦粉ミルク、どちらを学校給食に出したほうがいいか質問されると、戦争栄養不足の子どもたちの貧弱な体格を考慮し、身長を伸ばす動物性タンパク質を含むミルクのほうがいいと回答[7][8][9][10][11]

1947年(昭和22年)に日本全国で開始された学校給食に、アメリカから供与されたミルクは脱脂粉乳で、家畜の飼料用として粗雑に扱われたために品質が悪くて味や臭いが酷かったが、翌年から子どもたちの体格が著しく向上[7][8][9][12]

1956年(昭和31年)3月に東北大学を定年退官、東北大学名誉教授の称号を受称、7月に北海道学芸大学教授に就任、1959年(昭和34年)3月に北海道学芸大学を定年退官。

1962年(昭和37年)に「国民体力の向上に貢献」で保健文化賞を受賞[13]1968年(昭和43年)に勲二等旭日重光章を受章[5]

1935年(昭和10年)から36年間、北海道の北端から沖縄八重山群島まで、日本全国の990ヵ町村を訪ね歩き、食生活寿命との関係を調査し、その結果を本『日本の長寿村・短命村』にまとめた[14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25]

著書[編集]

  • 『長寿村ニッポン紀行 食生活の秘密を探る』女子栄養大学出版部、1972年。
  • 『日本の長寿村・短命村 若いときの食物が決める』サンロード出版、1972年。
  • 『学童の発育と食べもの 学童の体位向上を願って40年』中央公論事業出版、1972年。
  • 『その食生活では若死する』叢文社、1973年。
  • 『長寿者の健康食の実態 長寿村・短命村の全国調査が教える長生きの秘訣』永岡書店、1975年。

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 近藤正二は常に首席で級長[1]
  2. ^ 近藤正二は3年間、東龍太郎高野素十都築正男と同級生。
  3. ^ 近藤正二は1915年大正4年)6月に第1期医学科試験に合格、1917年(大正6年)9月から12月まで実施された第2期医学科試験に合格して医師免許を取得、1918年(大正7年)7月9日の「卒業證書授與式」で卒業証書を受領。
  4. ^ 1939年昭和14年)8月に退任[2][4]

出典[編集]

  1. ^ 青山百年史』127頁。『青山百二十年史 I』127頁。
  2. ^ a b 公衆衛生』第26巻第7号、393頁。
  3. ^ 郷土の碩学 各分野で遺した67人の偉大な足跡に迫る-。』169頁。
  4. ^ 郷土の碩学 各分野で遺した67人の偉大な足跡に迫る-。』170頁。
  5. ^ a b 郷土の碩学 各分野で遺した67人の偉大な足跡に迫る-。』173頁。
  6. ^ 20世紀日本人名事典 あ〜せ』1077頁。
  7. ^ a b ミルクの館<学校給食と牛乳>
  8. ^ a b 学校給食における牛乳・乳製品の役割 すこやか情報便 第17号 公益財団法人学校給食研究改善協会 (PDF)
  9. ^ a b 脳卒中の健康被害と健康転換への関わり 秋田県脳卒中医の会 (PDF)
  10. ^ 歯科医から見た学校給食 その【7】牛乳と乳糖不耐症 | 岡崎 好秀 先生 | モリタメールマガジン スマイル+(Plus) | 歯科情報ポータルサイト デンタルプラザ
  11. ^ 卵とじ、ソース、たれ、デミ…カツ丼にも「食の方言」|グルメクラブNIKKEI STYLE
  12. ^ 子供と牛乳を考える メディアミルクセミナー ニュースレター (PDF) - 一般社団法人Jミルク
  13. ^ 保健文化賞受賞者一覧 (PDF) - 第一生命保険
  14. ^ 負けないカラダ〜Toughnessを手に入れる本 第35回「新版 日本の長寿村・短命村」近藤正二 著 - ソリューションPRESS - ビジネスソリューション - Panasonic、2016年。
  15. ^ 「白米・果物の大食」短命の元と42年前に警告した本があったNEWSポストセブン、2014年。
  16. ^ 長寿村と短命村は何が違ったか 990か所を訪問調査した結果│NEWSポストセブン、2014年。
  17. ^ 昭和の長寿研究書の食と寿命が分析した「白米の大食で早死に」│NEWSポストセブン、2018年。
  18. ^ 「野菜は女の食べ物。笑われるから男は食べぬ」の考えあった│NEWSポストセブン、2018年。
  19. ^ 伝説的な長寿研究書が導いた「肉ばかり食べると短命」説│NEWSポストセブン、2018年。
  20. ^ 昭和の長寿研究書が説く「海藻」の長寿効果と塩分の危険性│NEWSポストセブン、2018年。
  21. ^ 990か所を調査、伝説的な長寿研究書が説く「長寿のルール」│NEWSポストセブン、2018年。
  22. ^ 現代にも通じる理論、1972年出版の『日本の長寿村・短命村』│NEWSポストセブン、2018年。
  23. ^ 昭和の長寿研究本書いた医学博士が毎日食べていた弁当の中身│NEWSポストセブン、2018年。
  24. ^ 36年間日本全国を調査してわかった「長寿の12ルール」 | 医者が教える食事術 最強の教科書 | ダイヤモンド・オンライン、2017年。
  25. ^ 同じ日本でも「平均寿命」に10歳の差。長寿村と短命村、何が違う?|オアシスナビ 介護の知恵袋

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]