竹内昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

)出身。

竹内 昭夫(たけうち あきお、1929年4月29日 - 1996年12月26日)は、日本法学者東京大学名誉教授。法学博士東京大学、1962年)(学位論文「剰余金の資本組入」)。専攻は商法消費者法という法分野を創設した。1996年日本学士院会員紺綬褒章紫綬褒章勲二等瑞宝章受章。愛知県出身。

竹内 昭夫
人物情報
生誕 (1929-04-29) 1929年4月29日
日本の旗 日本
死没 (1996-12-26) 1996年12月26日(67歳没)
出身校 東京大学法学部法律学科
学問
研究分野 商法
研究機関 東京大学
主な指導学生 大塚龍児
関俊彦
岩原紳作
神田秀樹
弥永真生
神作裕之
吉原和志
学位 法学博士東京大学、1962年)(学位論文「剰余金の資本組入」)
称号 東京大学名誉教授
日本学士院会員(1996年)
主な業績 『剰余金の資本組入』
影響を
受けた人物
鈴木竹雄
主な受賞歴 松本賞
紺綬褒章(1996年)
紫綬褒章(1996年)
勲二等瑞宝章(1996年)
テンプレートを表示

昭和51年(1976年)、国会に招致され、「(公正なマルチとは)安全なペスト、無害なコレラと言うに等しい」と述べ、今でもマルチ商法否定派によって引用されている[1]


来歴[編集]

愛知県知多郡阿久比村(現阿久比町)出身。鈴木竹雄門下。

1996年肺炎のため文京区の病院で死去。享年67。

略歴[編集]

門下[編集]

著書・論文[編集]

  • 『会社法の理論』
  • 『株式会社法』

脚注[編集]

  1. ^ 第77回国会 衆議院商工委員会会議録 第12号