竹内昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹内 昭夫(たけうち あきお、1929年4月29日 - 1996年12月26日)は、日本法学者東京大学名誉教授。 専攻は商法消費者法という法分野を創設した。1996年日本学士院会員愛知県出身。

昭和51年(1976年)、国会に招致され、「(公正なマルチとは)安全なペスト、無害なコレラと言うに等しい」と述べ、今でもマルチ商法否定派によって引用されている[1]

来歴[編集]

愛知県知多郡阿久比村(現阿久比町)出身。鈴木竹雄門下。

1996年肺炎のため文京区の病院で死去。享年67。

略歴[編集]

  • 1949年 - 旧制第八高等学校文科乙類卒業
  • 1949年 - 東京大学法学部政治学科入学
  • 1950年 - 東京大学法学部法律学科に転科
  • 1953年 - 東京大学法学部法律学科卒業
  • 1953年 - 東京大学大学院前期研究奨学生商法専攻(指導教官鈴木竹雄
  • 1956年 - 東京大学大学院後期研究奨学生
  • 1958年 - 東京大学法学部助教授
  • 1962年 - 法学博士(東京大学)(「剰余金の資本組入」)
  • 1968年 - 東京大学法学部教授
  • 1973年 - 松本賞受賞
  • 1990年 - 筑波大学社会科学系教授( - 1995年)
  • 1996年 - 紺綬褒章紫綬褒章勲二等瑞宝章受章

著書・論文[編集]

  • 『会社法の理論』
  • 『株式会社法』

脚注[編集]

  1. ^ 第77回国会 衆議院商工委員会会議録 第12号