立花敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立花 敏男(たちばな としお、1908年明治41年)5月7日[1] - 1994年平成6年)3月13日[2])は、昭和期の労働運動家地方公務員政治家衆議院議員

生涯[編集]

兵庫県[2][3]淡路島[1]出身。1936年(昭和11年)東京帝国大学文学部哲学科を卒業した[1][2][3]

1930年(昭和5年)『第二無産者新聞』の編集に加わる[1]。1931年(昭和6年)逮捕投獄された[1]小岩井浄木下半治らの「日本政治経済研究所」に参加[1]。1936年(昭和11年)人民戦線事件で検挙された[1]

1946年(昭和21年)神戸市役所に入所し[1]、同年、日本共産党に入党[1]。神戸市役所書記、神戸労働保険組合書記、神戸市職員組合副委員長、神戸市労働組合連合会書記長などを歴任[1][3]

1949年(昭和24年)1月の第24回衆議院議員総選挙に、兵庫1区から日本共産党公認で出馬して当選し[1][4]、衆議院議員に1期在任した[2][3]。その後、神戸市共産党委員、アカハタ兵庫支局長、共産党神戸市委員長、同組織部長、共産党兵庫県副委員長、日ソ協会兵庫県連副会長、兵庫県商工団体連合会顧問、共産党中央委員会顧問などを務めた[1][2]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『左翼活動家・文化人名鑑』322頁。
  2. ^ a b c d e 『現代物故者事典 1994~1996』349頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』394-395頁。
  4. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』268頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』269頁。
  6. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』271頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』272頁。

参考文献[編集]

  • 日本社会運動研究会編『左翼活動家・文化人名鑑』日刊労働通信社、1969年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ株式会社、1997年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。