積分因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

積分因子 (せきぶんいんし、: integrating factor) とは微分方程式の解法に用いられる関数である。常微分方程式の解法で最もよく用いられ、積分因子を掛けることにより不完全微分から完全微分(積分するとスカラー場を与える)を得ることができる。特に熱力学の分野で用いられ、そこではエントロピーを完全微分にするために温度が積分因子となる。

2変数の方程式の場合には積分因子は必ず存在する[1]

積分因子を用いた常微分方程式の解法の例[編集]

次のような1階の線形常微分方程式を考える。

この方程式に対し、適当な積分因子を (1) 式の両辺に掛け、左辺に積の微分の公式を適用できるようにすると、

となるから、(3) 式を積分して

となり、これよりもとの微分方程式の解として

が得られる。

次に積分因子を具体的に求める。(2), (3) 式それぞれの左辺が等しくなるようにをとっていることから、

となり、がつぎの微分方程式

を満たすことがわかる。この式を変形すると、

したがって

となる。

脚注[編集]

  1. ^ 和達三樹; 十河清; 出口哲生 『ゼロからの熱力学と統計力学』 岩波書店、2005年、26頁。ISBN 4-00-006700-1 

外部リンク[編集]