藤田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤田 宏(ふじた ひろし、1928年12月7日 - )は、日本の数学者東京大学名誉教授。大阪市出身。幼少期から中学校まで 愛媛県新居浜市久保田町に在住

経歴[編集]

東京大学理学部物理学科卒業後、東京大学理学部数学科教授を務め、理学部長にも就任した。明治大学理工学部教授、東海大学教授などを歴任。研文書院の『大学への数学』シリーズ(黒大数)の執筆者としても知られる。また、東京出版の月刊誌『大学への数学』の執筆をしていたこともある[1]日本数学会会長、日本応用数理学会会長などを務める。

数学オリンピック財団理事長を務めた。1964年藤原賞受賞。1990年紫綬褒章受章。

主な著書[編集]

  • 「大学への数学I」
  • 「大学への数学II」
  • 「大学への数学A」
  • 「大学への数学B」
  • 「大学への数学I&A」
  • 「大学への数学II&B」
  • 「大学への数学III&C」
  • 「大学への数学Iニューアプローチ」
  • 「大学への数学IIニューアプローチ」
  • 「大学への数学Aニューアプローチ」
  • 「大学への数学Bニューアプローチ」
  • 「大学への数学III&Cニューアプローチ」
  • 「大学への数学スペシャル」
  • 「大学への代数・幾何」
  • 「大学での微分積分I」
  • 「大学での微分積分II」
  • 「理解しやすい数学I&A」
  • 「理解しやすい数学II&B」
  • 「理解しやすい数学III&C」
  • 「理解しやすい基礎解析」
  • 「最適化法」
  • 「関数解析」

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「東京出版創立30周年記念の集い」、『大学への数学 1986年7月号』第30巻第7号、東京出版、東京都渋谷区広尾3-12-7、1986年7月1日、 36頁、 雑誌 05949-7。