相川英輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相川 英輔(あいかわ えいすけ、1977年6月29日- )は、日本小説家千葉県生まれ。福岡県福岡市在住。

経歴[編集]

西南学院大学商学部卒業、同大学院経営学専攻修了。2005年、第35回九州芸術祭文学賞を「打棒日和」で佳作受賞(大賞作なし)[1]。2013年、第13回坊っちゃん文学賞を「日曜日の翌日はいつも」で佳作受賞[2]。2015年、第3回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を「When the ship comes in」で最終候補[3]。同年、第46回福岡市文学賞小説部門受賞[4]。受賞理由は「人間心理を捉える力に秀で、特に青春期の男女が障壁を乗り越えて成長していく姿を描く作風が高い評価を得ているため」であった[5]

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • ハイキング(2017年10月 惑星と口笛ブックス)
    • ハイキング
    • 日曜日の翌日はいつも
    • ファンファーレ
    • 打棒日和 
  • 雲を離れた月(2018年6月 書肆侃侃房
    • 雲を離れた月
    • ある夜の重力
    • 7月2日、夜の島で
    • エスケイプ
  • ハミングバード(2019年2月 惑星と口笛ブックス)シングルカットシリーズ

アンソロジー[編集]

「」内が相川英輔の作品

  • ヒドゥン・オーサーズ(2017年5月 惑星と口笛ブックス)「引力」
  • The Insignia Series (2020年 Black Wings & White Paper Publishing) 「Afternoon Chat」「Their Magic」

雑誌掲載[編集]

  • 打棒日和(『文學界』2005年4月号)
  • 波と風(『照葉樹二期』第7号2015年)
  • エスケイプ(『たべるのがおそい』第3号2017年4月)
  • わたがし(『ほんのひとさじ』第6号2017年7月)
  • 一番星を見つけるのはいつも熊(『ほんのひとさじ』第7号2017年11月)
  • 夜が僕らを試している(『ほんのひとさじ』第8号2018年2月)
  • あなたの物語(『ほんのひとさじ』第9号2018年7月)
  • 夜のすべて(『ほんのひとさじ』第10号2018年11月)

その他[編集]

  • 7月2日、夜の島で(『2015年度福岡市文学賞受賞記念作品集』2016年3月)

脚注[編集]

外部リンク[編集]