白いソアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白いソアラ(しろいソアラ)は1980年代頃から若者を中心に語り継がれている都市伝説の一種。

概要[編集]

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に[1]、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。有名な高級クーペであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車は早々と店先から消えた。しかし後日、同じ白いソアラが再び中古車販売店にやはり数万円の安価で展示されているのだ。

実はこの車に乗った者は皆同じように運転中、事故によって首を切断され無残な姿で死亡していた。そしてその白いソアラは再び売りに出され、今もどこかの店先で次の「主人」を待ち続けているのだという。

備考[編集]

比較的有名な都市伝説だが、出自に関してははっきりしていない。一説にはアメリカなど海外で一時期流行した「呪われたポルシェ」と呼ばれる都市伝説が変化したものではないか、というものがある。ちなみにトヨタ・ソアラの生産開始は1981年からである。

舞台についてはなぜか「群馬県の国道沿い」として語られることが多い。また、話の中で「このソアラは元々暴走族の青年の所有車で、ふざけて箱乗りをしていたところ道路標識に激突し首を切断されてしまった」という注釈が加えられることがある。

類似の都市伝説に「首ちょんソアラ」と呼ばれる話がある[2][3]

その他[編集]

都市伝説以外の「白いソアラ」として、ハイソカーブームにおけるホワイトシンドローム(スーパーホワイトブーム)という現象がある。これは、従来の車体色の「白」とは正確には微妙なクリームホワイトだったが、より純白に近いボディカラーが実用化されたことによって起こった一連のブームと、その代名詞とも言える車種がソアラだったことによるもの。

1981年トヨタ自動車が初代(Z10系)を発売し、「スーパーホワイト」を採用。1983年には「スーパーホワイトII」に進化し純白度・光沢度が増し、さらに2代目(Z20系)の1986年デビューのモデルで最終的に「スーパーホワイトIII」まで進化した。なお、兄弟車のA70系スープラでは、純白度・光沢度を極限にまで高めた「スーパーホワイトIV」まで進化した。当時のS120~130系クラウン、X70~80系マークIIチェイサークレスタ等にも採用され、新車は白ばかり在庫し、白ばかり売れた時代。下取りも白なら2割増しなどと言われ、営業マンも白なら即納と薦めた。実はトヨタ自動車における、販売上の作戦であった。白なら納車準備(洗車)も濃色系に比べ早く、生産計画も白ばかり大量生産でき、生産~在庫~販売までの高い効率化を狙った。

ちなみにスーパーホワイトIIは2010年代現在もトヨタ車の定番色であり、歴代のスーパーホワイト系の車体色の中で唯一2015年時点でも採用されており、後述するプリウスシリーズを除き、ほぼ一部の小型車に見られるのみとなっている。また下記のように多くの主力車種のソリッドホワイトとして採用されている。

2015年9月現在の時点においてのスーパーホワイトII採用車種

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池田香代子ほか編著 『ピアスの白い糸―日本の現代伝説』 白水社、1994年、47-49頁。ISBN 978-4-5600-4044-7
  2. ^ 松山ひろし 『3本足のリカちゃん人形』 イースト・プレス2003年、137-138頁。ISBN 978-4-87257-410-4
  3. ^ 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、130-133頁。ISBN 978-4-7753-0388-7

関連項目[編集]