田浦 (横須賀市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田浦
春の田浦梅林
田浦の位置(神奈川県内)
田浦
田浦
田浦の位置
北緯35度18分4.4秒 東経139度37分44.0秒 / 北緯35.301222度 東経139.628889度 / 35.301222; 139.628889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市
面積
 • 合計 6.352km2
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 17,525人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 046 (横須賀MA)[2]
ナンバープレート 横浜
ウェブサイト 田浦を歩く
※座標は田浦行政センター

田浦(たうら)とは、神奈川県横須賀市北部の行政区域。横須賀市田浦行政センターの担当区域に該当する。

所属する地域は、田浦泉町、田浦大作町、田浦町、田浦港町、長浦町、箱崎町、船越町、港が丘の8町域。北部は追浜地域、東部は東京湾横須賀港)、西部は逗子市、南部は逸見地域に面する。市役所のある横須賀中央からは約4キロ離れている。

概要[編集]

この地域は幕末1866年慶応元年)に作られた横須賀造船所や明治政府が横須賀鎮守府を設置したあたりから賑わうようになり、戦前は軍都横須賀の一地域として発展した。現在も海上自衛隊在日米軍の施設などが複数所在する。また、戦後は東京横浜ベッドタウンとしても発展した。

田浦は山が海に迫り平地が狭い地域である。その平地部分を東京、横浜方面と横須賀中央など三浦半島各地を連絡するための横須賀線京急本線国道16号が横切る。その幹線付近(下町)に元からの市街地があったが、やがて人口増加などの影響で谷戸や山腹まで住宅地が広がった。

名所としては田浦梅林や軍関係の施設(海軍水雷学校跡碑、長浦港方面に伸びる貨物線、長浦倉庫群など)がある。

主な施設[編集]

交通[編集]

京急田浦駅前(2005年4月28日撮影)
新井掘割
船越地区・自衛艦隊司令部前に接岸中の護衛艦

公共・教育施設[編集]

観光・商業施設[編集]

船越仲通り会

海上自衛隊の関係施設[編集]

在日米軍の関係施設[編集]

工業施設[編集]

旧海軍軍需部長浦倉庫

田浦が舞台となった作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳登載人口”. 横須賀市 (2017年10月13日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

  • 田浦町 (神奈川県) - 横須賀市に編入される前の自治体。追浜地区も含むため、現在の田浦地区より領域が広い。

外部リンク[編集]