大津 (横須賀市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:町の風景などの画像提供をお願いします。2009年7月
大津
—  地区  —
京急大津駅
大津の位置(神奈川県内)
大津
大津
大津の位置
座標: 北緯35度15分38.1秒 東経139度41分45.1秒 / 北緯35.260583度 東経139.695861度 / 35.260583; 139.695861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市
面積[1]
 - 計 5.965km2 (2.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 - 計 42,315人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
市外局番 046 (横須賀MA)[2]
ナンバープレート 横浜
ウェブサイト 大津を歩く「東京湾ロマンおおつみち」
※座標は大津行政センター

大津(おおつ)は、神奈川県横須賀市の東部にある地名。北は東京湾に面し、東は浦賀、南は久里浜に接する。狭義では、横須賀市大津町のことを指すが、ここでは広義の大津(横須賀市大津行政センターの担当地域を指す)について解説する。

概要[編集]

地域全体の人口は42,315人、面積は5.965km2[1]。広義の大津に属するのは池田町、大津町、桜が丘、根岸町、走水、馬堀海岸、馬堀町の7地域である。

幕末には大津陣屋が、明治から敗戦期までは陸軍重砲兵学校などの旧日本軍の施設が多く立地していた。一方で馬堀海岸が埋め立てられる前は海水浴場が所在しその周りには「大津館」などの観光施設や別荘がある観光地でもあった。戦後は丘陵部は山の上まで海岸部は埋立地まで住宅地が造成されたが、現在も旧海軍の馬門山墓地や東京湾要塞の跡などが確認できる。なお根岸町は駅名から通称「北久里浜」と呼ばれている。駅前を中心に商店街ロードサイド店舗が点在し丘陵部には住宅が立ち並んでいる。

面積・人口[編集]

下表は2014年10月1日時点での情報である[3]

面積 [* 1] 人口 [* 2] 人口密度 [* 3] 郵便番号
根岸町 0.924 9,100 9,848 239-0807
大津町 0.854 6,982 8,176 239-0808
馬堀海岸 0.600 4,918 8,197 239-0801
走水 1.221 3,777 3,093 239-0811
馬堀町 0.754 4,021 5,333 239-0802
桜が丘 0.443 4,212 9,508 239-0803
池田町 1.161 10,447 8,998 239-0806
5.957 43,457
注釈
  1. ^ 単位はkm2 住民基本台帳登載人口 (b) 町丁目別人口 - 横須賀市
  2. ^ 単位は人
  3. ^ 単位は人/km2

大津にある施設、名所[編集]

神奈川県立横須賀大津高等学校
信楽寺の山門

ゆかりの人物[編集]

関連項目[編集]

  • 大津(曖昧さ回避のページ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 住民基本台帳登載人口”. 横須賀市 (2017年10月13日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。
  3. ^ 横須賀市推計人口”. 2014年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]