環望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
環望
生誕 1966年10月7日(48歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1986年 -
ジャンル 青年漫画
成人漫画
代表作 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
受賞 1986年:小学館コミック大賞佳作入選
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

環 望(たまき のぞむ、1966年10月7日 - )は、日本漫画家東京都出身。男性。

代表作『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』は2010年1月にテレビアニメ化され、第1話では本人役で声優出演している。

人物・経歴[編集]

1986年近畿魔王」名義で小学館コミック大賞佳作入選、『少年サンデー大別冊』(小学館)でデビュー。20歳の頃には一本木蛮アシスタントを務める。少年漫画家として活動していたが、活動拠点としていた雑誌が休刊となってしまい、1995年頃には1年近く浪人状態に[1]。そんな矢先、知り合いの編集者の勧めもあり、1996年より青年誌『メンズヤング』(双葉社)に『ごめんね♡アッチー』で連載を持ったことで成人向け漫画に活躍の場を移すこととなる。環はそれまで成人向け漫画を描いたことはなかったが、1年近くの浪人中に自分やアシスタント達を喰わせるため、色々な仕事をしたので(成人向け漫画を描くことへの)抵抗はなかったし、とにかく定収入が欲しかったと語っている[2]。以後コンビニ誌を中心に活躍するが、成人向け漫画の規制が厳しくなってきたこともあり、近年は一般誌に復帰している。

一世代下の作家達には少年漫画時代の環作品に親しんだ者もおり、古くからの友人である小説家神野オキナは、メディアファクトリー刊『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』単行本1巻の帯に「環望が還って来た!」の言葉を贈っている。同作品は成人向けで培ったエロティシズムと重厚なアクションを全面に押し出したSF伝奇コミックとなっている。

また漫画原作者としても活動中で、ネーム作成まで含めた原作を峠比呂榊原瑞紀かのえゆうしといった漫画家に提供している。映画解説を中心とする文筆活動も行っていたが、最近は遠ざかっている。

女性の心理を描くことに長けているとの評価があるが、自身はその理由をwebラジオ「ラジオ イン ザ ヴァンパイアバンド」において、心理面で女性的な部分が大きいのだろうと語っている。

弟は同じく成人向けとアンソロジーを中心に活動している漫画家の島本晴海[3]

作品一覧[編集]

一般向け[編集]

連載中
連載終了

成年向け[編集]

  • ごめんね♡アッチーメンズヤング
    • エンジェル出版版:全2巻、未完、第2巻は『ごめんね♡アッチー ココにKISSして』のタイトルで刊行
    • 蒼竜社新装版:上下巻(完結)
  • ヒトにいえない間柄(アクションヤング
    • エンジェル出版版:全1巻
    • 双葉社新装版:全1巻
  • イイことしないか小猫ちゃんメンズアクション
    • エンジェル出版版:全1巻
    • 大都社新装版:上下巻
  • お仕事しなきゃね(ビタマン竹書房、全1巻)
  • 君がからだで嘘をつく(メンズヤング)
    • エンジェル出版版:全1巻
    • 双葉社新装版:全1巻
  • URAURA ジャングルヒート(アクションヤング、双葉社、全1巻) ※単行本はエンジェル出版
  • かわいい女(ひと)(メンズアクション)
    • エンジェル出版版:全1巻
    • 双葉社新装版:全1巻
  • 息をひそめて抱いて(漫画アクション、双葉社、全2巻) ※単行本はエンジェル出版
  • 誰かの愛人(おんな)(ビタマン、竹書房、全1巻)
  • フリークス・ドミ(漫画アクション、双葉社、全1巻)
  • メイドでいきまっしょい(ビタマン、竹書房、全1巻)
  • 国民的彼女(Chuッスペシャルワニマガジン社、全2巻、2巻は『スキャンダルしようよ 国民的彼女2』のタイトルで刊行)
  • 働く女神さま(ワニマガジン社、全1巻)
  • 七色可憐(メンズアクション、双葉社、全3巻、第2巻は『七色可憐×2 コスプレラバーズ』、第3巻は『七色可憐×3 コスプレコンプレックス』のタイトルで刊行)
  • 女王様って呼ばないで(原作:猫戦車マリィみこすり半劇場ぶんか社、全1巻) ※単行本は宙出版
  • アネゴッ!!(ビタマン、竹書房、全2巻)
  • 今日はナニしよ(メンズアクション、全1巻)
  • コネコッ!!(ビタマン、竹書房、全1巻、「アネゴッ!!」の姉妹編で時間軸としては同作の本編と最終話エピローグの間に位置する)
  • なりきりラバーズ(竹書房、全1巻)
  • ね・と・げ(ヤングコミック、少年画報社、全1巻)

ゲーム関係[編集]

オリジナルメカ「アウルゲルミル」のメカデザインを担当。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 新装版『ごめんね♡アッチー』上巻のあとがきページで休刊となった雑誌の名前を挙げてはいないが、環は1994年3月号をもって休刊となったパソコン雑誌『ポプコム』で『時空の竜騎兵リバーサー』を連載していた。
  2. ^ 蒼竜社 新装版『ごめんね♡アッチー』上巻のあとがきページより。
  3. ^ 島本晴海. “-プロフィール-”. ばななサル園(島本晴海。)のHP. 2015年4月18日閲覧。
  4. ^ 『ミス・マーベリックにさからうな』の単行本に一部収録
  5. ^ 終了したのは第一部であり、第二部の開始が予定されている。2013年現在、外伝である『スレッジハマーの追憶』が連載中。

外部リンク[編集]