珠江タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
珠江タワー
珠江城大厦
PearlRiverTower Jan.jpg
別名 広州タバコビル
概要
現状 完成
用途 商業オフィス
建築様式 ネオフューチャリズム
所在地 中華人民共和国の旗 中国広州市、珠江西路
座標 北緯23度07分36秒 東経113度19分03秒 / 北緯23.12675度 東経113.3176度 / 23.12675; 113.3176座標: 北緯23度07分36秒 東経113度19分03秒 / 北緯23.12675度 東経113.3176度 / 23.12675; 113.3176
着工 2006年9月28日
完成 2011年3月
所有者 中国タバコ
高さ
屋上 309.6 m (1,016 ft)
技術的詳細
階数 71 (+地下5階)
床面積 212,165 m² (2,283,730 ft²)
エレベーター数 29
設計・建設
建築家 ゴードン・ギル
スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル
Guangzhou Chengzong Design Institute
デベロッパー Rowan Williams Davies & Irwin Inc.
構造技術者 スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル
主要建設者 上海建工グループ
脚注
[1][2][3][4][5]
テンプレートを表示

珠江タワー (しゅこうタワー, 簡体字: 珠江城大厦 拼音: Zhūjiāng chéng dàshà; 簡体字: 珠江大厦 拼音: Zhūjiāng dàshà) は、中国広州市天河区の高さ309.6 m (1,016 ft)[5]、71階建ての超高層ビル。金穂路と珠江西路に面し、クリーンテクノロジーを使用したネオフューチャリズムの建築様式が採用されている。タワーの設計は、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(SOM)と建築家のエイドリアン・スミス英語版、ゴードン・ギルによって行われた[6]。2006年9月8日に起工し、2011年3月に完成した。オフィスとして使用され、主に中国タバコ英語版が占有している[7]

建築・設計[編集]

珠江タワーのデザインは、環境への影響を最小限に抑えることに重点が置かれ、自然や建物が周囲から受ける力を利用してエネルギーを得ている[8]。主な成果としては、工学及び建築デザインのアプローチ全体において、その形状や機能が技術的に統合されたことが挙げられる[9]

持続可能性[編集]

建物は省エネルギーの考えに基づき設計され、風力原動機太陽光発電、上昇フロア換気設備、熱放射冷房天井などが含まれる。世界で最も環境に優しい建物の1つとされる[10]

珠江タワーは、持続可能なデザインとして以下のことを達成している:

  • 世界最大の熱放射冷房設置オフィスビル
  • 世界で最もエネルギー効率のよい超高層ビル
  • 中国は2020年に2005年のレベルと比べてGDPあたりの二酸化炭素排出量を40〜45%減らすことを目標にしているが、タワーはその実例[11]

2008年に高層ビル・都市居住協議会が発表した報告によると、このビルの持続可能なデザインによって、似たような一般の建物と比べ、エネルギーの58%を節約している[12]。建物はカーボンニュートラルの状態であるといえ、ビルにマイクロタービンが備え付けられれば、付近の地域へ電力を実際に供給することができる。しかし、広州の電力会社は独立した施設がエネルギーを売ることを認めていない。この金銭的な理由により、マイクロタービンは設計から外されたが、もしこれらがビルに追加されれば、使用する電力量が減る勤務時間外には余分に発電することができる[12]

沿革[編集]

  • 2005年秋 - デザインコンペティション
  • 2006年9月8日 - 起工式
  • 2006年11月 - 建設開始
  • 2007年7月18日 - 建設入札[13]
  • 2008年1月 - 基礎建設開始 (−26.2 m (−86 ft))
  • 2008年8月 - 地上階までの建設完了 (0 m (0 ft))
  • 2009年4月 - 15階 (80.6 m (264 ft))
  • 2009年11月 - ガラスカーテンウォール取付け
  • 2009年12月 - 上部ウィンドタービン階まで到達
  • 2010年3月28日 - 最上部完成[14]

出典[編集]

  1. ^ "珠江タワー". CTBUH Skyscraper Center.
  2. ^ 珠江タワー - Emporis (英語)
  3. ^ "珠江タワー". SkyscraperPage (in English).
  4. ^ 珠江タワー - Structurae
  5. ^ a b Projects: Pearl River Tower”. Skidmore, Owings & Merrill (2012年). 2016年4月26日閲覧。
  6. ^ Smith, Adrian (2007). The Architecture of Adrian Smith, SOM: Toward a Sustainable Future. Images Publishing Group Pty Ltd. p. 556. ISBN 1-86470-169-2. 
  7. ^ The winds of change”. World Architecture News (2006年8月22日). 2012年5月23日閲覧。
  8. ^ “Net Zero Energy Design”. SOM. http://www.som.com/content.cfm/net_zero_energy_design 2009年4月11日閲覧。 
  9. ^ Kyra Epstein (Winter 2008). “How Far Can You Go? Case Study: Pearl River Tower”. High Performing Buildings Magazine. http://www.nxtbook.com/nxtbooks/ashrae/hpb_2008winter/index.php?startid=23 2012年5月2日閲覧。 
  10. ^ 珠江タワー - Glass Steel and Stone (アーカイブ)
  11. ^ China to cut 40 to 45% GDP unit carbon by 2020”. China Daily (2009年11月26日). 2012年5月23日閲覧。
  12. ^ a b Frechette, R; Gilchrist, R (March 2008). “Towards Zero Energy: A case study of the Pearl River Tower, Guangzhou, China”. Council on Tall Buildings and Urban Habitat: pg. 9. http://ctbuh.org/LinkClick.aspx?fileticket=%2bpedN46s7Es%3d&tabid=486&language=en-US/ 2013年11月14日閲覧。. 
  13. ^ “Guangzhou, the third high-rise tender requirements super energy-saving”. Yangcheng Evening News. (2007年7月18日). http://translate.google.com/translate?prev=_t&hl=en&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.ycwb.com%2Fycwb%2F2007-07%2F18%2Fcontent_1553730.htm&sl=zh-CN&tl=en&history_state0= 2009年4月11日閲覧。 
  14. ^ SOM-Designed Pearl River Tower Topped Out in China”. 2016年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]