中国華潤大廈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
China Resources Tower
中国華潤大厦
China Resources Headquarters 03-10-2018.jpg
China Resources Tower ( 10月 2018年)
別名 タケノコ (English: Spring Bamboo Chinese: 春笋)
概要
現状 完成
用途 Skyscraper
所在地 Shenzhen, Guangdong
住所 Houhai, Nanshan
China
着工 2012
完成 2018
高さ
構造 392 m (1,286 ft)
最上階 345 m (1,132 ft)
技術的詳細
階数 68
床面積 268,713 m² (2,892,400 ft²)
エレベーター数 59
脚注
[1]
テンプレートを表示

中国華潤大厦(Chinese: 中國華潤大厦 English:China Resources Tower)は深圳市 南山区に建設された高さ392mの超高層ビルである。先端が尖った特殊な形状をしているため、市民からはタケノコと呼ばれて親しまれている。深圳市で3番目に高い建築物で、2012年に建設が開始され、2018年6月に竣工した。深圳湾に面しており、深圳湾体育館の隣に位置している。

入居している企業[編集]

  • 華潤集団(3階、49-61階、64-66階)
    • 取締役会(61階)
    • オフィス(60階)
    • 会計検査チーム(54階)
    • 華潤電力(50-52階)
    • 共有ワークスペース(25階)
    • 展示ホール(20階)
    • 華潤燃料(19階)
    • Shou Zheng Tendering Co.Ltd (301室)
  • OPPO(30-42階)
    • 食堂(32階)
  • 金杜律師事務所(28-29階)
  • 中汇弘创投资控股(深圳)有限公司(26階)
  • 競天公誠律師事務所(1605-06階)
  • 深圳鼎锋明道资产管理有限公司(1604室)
  • 瀚纳仕人才管理咨询有限公司(1601室)[2]
  • 畢馬威會計師事務所(14-15階)
  • 天霖投資(深圳)有限公司(1203-04室)
  • 第一太平戴維斯(9階)
  • Flexport(7階)
  • 台灣德事商務中心(6階)[3]
    • 斐锐律师事务所(601-05階)
    • 沣信资本(606室)
  • 倚峰資本(505室)[4]
  • 光大證券(504室)
  • 深圳市理睿科技有限公司(202室)
  • 中國南玻集團(予定)
  • 雷沃重工集團(予定)

ギャラリー[編集]

参见[編集]

引用[編集]