「貿易摩擦」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎歴史:  節の表題に重複があるので、より適切なものに変更しました。
(→‎貿易摩擦の歴史: 「貿易摩擦の原因と理論」の節を追加。)
(→‎歴史:  節の表題に重複があるので、より適切なものに変更しました。)
国際間の貿易問題を解決する国際協定に、[[関税及び貿易に関する一般協定|関税貿易一般協定]](GATT)がある。1995年1月にはGATTを発展させた形で、[[世界貿易機関]](WTO)が発足した。GATTとWTOの違いは、モノだけでなくサービスや知的所有権などを対象とした貿易の自由化の推進と「貿易裁判所」的な立場をさらに強化した点にある。
 
== 貿易摩擦の社会思想史 ==
=== 帝国主義と貿易摩擦 ===
[[イギリス]]と清国(中国)との間に起きた[[アヘン戦争]]は、貿易摩擦の1つの極端な表れだといえる。当時、イギリスでは上流階級のみならず庶民の間でもお茶を飲む風習が広まっており清国からお茶などを輸入していた。一方、清国はイギリスからほとんど何も買わなかったので、両国の貿易ではイギリスが赤字で清国は黒字であった。これを問題視して赤字を解消しようとして実施されたのが当時イギリスの[[植民地]]であった[[インド]]で栽培した[[アヘン]]の密貿易であった。
15

回編集

案内メニュー