輸出志向型工業化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

輸出志向型工業化(ゆしゅつしこうがたこうぎょうか、Export-oriented industrialization)とは、発展途上国が世界市場への進出を目指して、工業化を進める際、自国への外資系企業の誘致を促し、生産および輸出を行う政策のこと。自国への外資系企業の参入を容易にするため、保護政策を撤廃するなど国内の基盤整備が必要となる。1980年代以降、アジア経済の高成長の一因となった。

関連項目[編集]