片桐一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

片桐 一男(かたぎり かずお、1934年12月26日 - )は、日本の歴史学者、青山学院大学名誉教授。専攻、蘭学史・洋学史・日蘭文化交渉史。

来歴[編集]

新潟県生まれ。新潟県立与板高等学校卒業。1967年法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士課程単位取得退学。同助手、1968年文部省職員。1983年「阿蘭陀通詞の研究」で青学文学博士、1986年同書で角川源義賞受賞。1977年青山学院大学文学部助教授、81年教授、2003年退任、名誉教授[1]

著書[編集]

  • 杉田玄白吉川弘文館人物叢書〉1971、新版1986
  • 『阿蘭陀通詞の研究』吉川弘文館 1985
  • 『蘭学、その江戸と北陸 大槻玄沢長崎浩斎思文閣出版 1993
  • 『阿蘭陀通詞今村源右衛門英生 外つ国の言葉をわがものとして』 丸善ライブラリー 1995
  • 『未刊蘭学資料の書誌的研究』1・2 ゆまに書房〈書誌書目シリーズ〉 1997-2006
  • 『開かれた鎖国 長崎出島の人・物・情報』講談社現代新書 1997
  • 『阿蘭陀宿海老屋の研究』1・2 思文閣出版 1998
  • 『京のオランダ人 阿蘭陀宿海老屋の実態』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉 1998、オンデマンド版2017
  • 『江戸の蘭方医学事始 阿蘭陀通詞・吉雄幸左衛門耕牛』丸善ライブラリー 2000
  • 『江戸のオランダ人 カピタンの江戸参府』中公新書 2000
  • 『出島 異文化交流の舞台』集英社新書 2000
  • 『平成蘭学事始 江戸・長崎の日蘭交流史話』智書房 2004
  • 『阿蘭陀宿長崎屋の史料研究』雄松堂出版 2007
  • 『それでも江戸は鎖国だったのか オランダ宿日本橋長崎屋』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉 2008
  • 『知の開拓者杉田玄白蘭学事始』とその時代』勉誠出版 2015
  • 『伝播する蘭学 江戸・長崎から東北へ』勉誠出版 2015
  • 『江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務』吉川弘文館 2016
  • 勝海舟の蘭学と海軍伝習』勉誠出版 2016
  • シーボルト事件で罰せられた三通詞』勉誠出版 2017
  • 『杉田玄白評論集』勉誠出版 2017
  • 『紅毛沈船引き揚げの技術と心意気』勉誠出版 2017
  • 『出島遊女と阿蘭陀通詞 日蘭交流の陰の立役者』勉誠出版 2018

校訂・翻訳[編集]

  • 『鎖国時代対外応接関係史料』校訂 近藤出版社 1972
  • 『年番阿蘭陀通詞史料』服部匡延と校訂 近藤出版社「日本史料選書」 1977
  • 全訳注『杉田玄白 蘭学事始』講談社学術文庫 2000
  • 『レフィスゾーン江戸参府日記』雄松堂出版新異国叢書 2003
  • 岩崎克己 『前野蘭化平凡社東洋文庫(全3巻) 1996、ワイド版2009。校訂解説

記念論集[編集]

  • 『日蘭交流史 その人・物・情報』思文閣出版 2002

論文[編集]

脚注[編集]