燐銅ウラン石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
燐銅ウラン石
化学式 Cu(UO2)2(PO4)2 · 8 - 12 H2O
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

燐銅ウラン石(りんどううらんせき)またはトルバナイト(torbernite)は、ウラン雲母鉱石の一種。燐銅ウラン鉱石燐銅ウラン鉱とも呼ばれている[1]

主な産出地[編集]

産出地はあまり多くない。主には、北欧地域の国々や、カナダ東欧など、北半球の寒い国々が多い[2]

種類[編集]

リンを含むウラン鉱全般をこう呼ぶ。ウランは銅を含むと色になり、リンを含むと色になるため、リン銅ウラン石は全体的に緑色をしている。

放射能[編集]

燐銅ウラン石の中のウランは、ウラン238が大半である。他のウラン雲母石の燐灰ウラン石などに比べ、ウランの量が多いため、放射能はかなり強い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界で一番美しい元素図鑑 セオドア・グレイ著
  2. ^ 世界で一番美しい元素図鑑 209頁