フッ化ウラン(V)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フッ化ウラン(V)
Uranium(V) fluoride

β相
識別情報
CAS登録番号 13775-07-0 ×
ChemSpider 75545 ×
特性
化学式 UF5
モル質量 333.02 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化ウラン(V)または五フッ化ウランは化学式 UF5 で表されるウランフッ素化合物である。 淡黄色の固体で常磁性である。結晶はα-UF5 と  β-UF5 の2つの多形を持つ。

合成と構造[編集]

六フッ化ウラン一酸化炭素とともに加熱して還元すると生成する[1]

他の還元剤を利用することもできる[2]

α相はウラン原子と5つのフッ化物イオンが八面体をなし、フッ化物イオンの1つが次のウラン原子との架橋配位子となって直鎖状の配位高分子を形成している[3]。 この構造はフッ化バナジウム(V)と同じである。

β相ではウランを中心とした二面冠正方逆プリズム構造をとる[4]。β相は130 ℃でα相に変化する[3]

UF5単量体[編集]

六フッ化ウランを紫外線光分解するとフッ化ウラン(V)の単分子を得ることができる。これは四角錐構造をとると考えられている[5]

UF5 の分子構造

脚注[編集]

  1. ^ Gordon W. Halstead, P. Gary Eller "Uranium(V) Fluorides and Alkoxides" Inorganic Syntheses 1982, volume 21, 162. doi:10.1002/9780470132524.ch35
  2. ^ Eller, P. G.; Larson, A. C.; Peterson, J. R.; Ensor, D. D.; Young, J. P. (1979). “Crystal structures of α-UF5 and U2F9 and spectral characterization of U2F9”. Inorganica Chimica Acta 37 (2): 129–133. doi:10.1016/S0020-1693(00)95530-0. 
  3. ^ a b Howard, C. J.; Taylor, J. C.; Waugh, A. B. (1982). “Crystallographic parameters in α-UF5 and U2F9 by multiphase refinement of high-resolution neutron powder data”. Journal of Solid State Chemistry 45 (3): 396–398. Bibcode 1982JSSCh..45..396H. doi:10.1016/0022-4596(82)90185-2. 
  4. ^ Taylor, J. C.; Waugh, A. B. (1980). “Neutron diffraction study of β-uranium pentafluoride between 77 and 403 K”. Journal of Solid State Chemistry 35 (2): 137–147. Bibcode 1980JSSCh..35..137T. doi:10.1016/0022-4596(80)90485-5. 
  5. ^ Onoe, J.; Nakamatsu, H.; Mukoyama, T.; Sekine, R.; Adachi, H.; Takeuchi, K. (1997). “Structure and Bond Nature of the UF5 Monomer”. Inorg. Chem. 36 (9): 1934–1938. doi:10.1021/ic961237s.