ヨウ化ウラン(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨウ化ウラン(III)
識別情報
CAS登録番号 13775-18-3
特性
化学式 UI3
モル質量 618.74232 g/mol
外観 黒色固体
密度 6.78 g/cm3[1]
融点

766 °C, 1039 K, 1411 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヨウ化ウラン(III)または三ヨウ化ウランウランヨウ素の化合物であり、化学式 UI3 で表される。

生成[編集]

ヨウ化ウランはウランとヨウ素を直接反応させることで生成する[2]

性質[編集]

ヨウ化ウランは黒色の固体で融点は766 ℃である.[3]斜方晶空間群 Ccmm に属し、格子定数a = 432.8 pm、b = 1401.1 pm、 c = 1000.5 pm である。単位胞あたりの化学単位は4である[1]。ヨウ化ウランはルイス酸として作用し、穏やかな条件におけるディールス・アルダー反応触媒として用いられる[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b J. H. Levy, J. C. Taylor, P. W. Wilson: "The Structure of Uranium(III) Triiodide by Neutron Diffraction", in: Acta Cryst. B, 1975, 31, S. 880–882 (doi:10.1107/S0567740875003986).
  2. ^ Georg Brauer (ed.): Handbuch der Präparativen Anorganischen Chemie. 3rd edition. Vol. 2, Enke, Stuttgart 1978, ISBN 3-432-87813-3, p. 1218.
  3. ^ Arnold F. Holleman, Nils Wiberg: Lehrbuch der Anorganischen Chemie, 102. Auflage, de Gruyter, Berlin 2007, ISBN 978-3-11-017770-1, S. 1969.
  4. ^ Jacqueline Collin, Leonor Maria, Isabel Santos: "Uranium Iodides as Catalysts for Diels–Alder Reactions", in: Journal of Molecular Catalysis A: Chemical, 2000, 160 (2), pp. 263–267 (doi:10.1016/S1381-1169(00)00257-0).