フッ化ウラン(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フッ化ウラン(III)
識別情報
CAS登録番号 13775-06-9
PubChem 83722
ChemSpider 75544
構造
結晶構造 三方晶
空間群 P3c1 (No.165)
格子定数 (a, b, c) a = 7.179 Å,b = - Å,c = 7.345 Å
配位構造 U[9], F[3]
特性
化学式 UF3
モル質量 295.024 g/mol
外観 紫色固体[1]
密度 8.9 g cm−3[2]
融点

1494 ℃[2]

危険性
EU分類 猛毒 T+環境への危険性 N
主な危険性 放射性
Rフレーズ R26/28 R33 R51/53
Sフレーズ S(1/2) S20/21 S45 S61
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −(1508.5 ± 5.5) kJ·mol−1[3]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化ウラン(III)または三フッ化ウラン化学式 UF3 で表されるウランフッ素化合物である。

生成[編集]

フッ化ウラン(IV)をアルミニウムとともに900 ℃に熱することで生じる[4]

また、化学当量のウランと反応させることでも生じる[4]

性質[編集]

フッ化ウラン(III)は融点1,494℃の紫色固体である[2]。1,200℃以上で不均化してフッ化ウラン(IV)とウランに分解する。 結晶は三方晶系で、格子定数は a = 717.9 pm、c = 734.5 pm である[4]。構造はフッ化ランタンと同様で、1個のウランイオンを9個のフッ化物イオンが取り囲み、やや歪んだ三冠三角錐構造をなしている。

脚注[編集]

  1. ^ A. F. Holleman, E. Wiberg, N. Wiberg (2007). Lehrbuch der Anorganischen Chemie. 102nd Ed.. de Gruyter, Berlin. p. 1969. ISBN 9783110177701. 
  2. ^ a b c David R. Lide (ed.): CRC Handbook of Chemistry and Physics. 90th Ed. (Internet-Version: 2010), CRC Press/Taylor and Francis, Boca Raton, FL, Properties of the Elements and Inorganic Compounds, p. 4-97. ISBN 1-4200-9084-4.
  3. ^ E. H. P. Cordfunke, W. Ouweltjes: „Standard Enthalpies of Formation of Uranium Compounds VII. UF3 and UF4 (by Solution Calorimetry)“, in: The Journal of Chemical Thermodynamics, 1981, 13 (2), S. 193–197 (doi:10.1016/S0021-9614(81)80025-0).
  4. ^ a b c Brauer, Georg (1978). Handbuch der Präparativen Anorganischen Chemie. 3.. umgearb. Auflage. Band II, Enke, Stuttgart. p. 1207. ISBN 3-432-87813-3.