炭化ウラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三炭化二ウランから転送)
移動先: 案内検索
一炭化ウラン
Uranium carbide
識別情報
CAS登録番号 12070-09-6 チェック
特性
化学式 UC
モル質量 250.04 g/mol
密度 13.63 g/cm3
融点

2350 °C, 2623 K, 4262 °F [1]

構造
結晶構造 立方晶, cF8
空間群 Fm3m, No. 225
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
三炭化二ウラン
Diuranium tricarbide
識別情報
CAS登録番号 12076-62-9 チェック
特性
化学式 U2C3
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
二炭化ウラン
Uranium dicarbide
識別情報
CAS登録番号 12071-33-9 チェック
特性
化学式 UC2
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭化ウラン はウランの炭化物で、非常に固いセラミック様の物質である。化学量論的化合物として一炭化ウラン(UC)、三炭化二ウラン(U2C3[2]、二炭化ウラン(UC2[3]が存在する。

二酸化ウラン などのウラン化合物と同様、炭化ウランも原子炉核燃料として利用でき、ペレット状またはタブレット状に加工される。過去には熱核ロケットでの利用も検討されていた。

アメリカで設計されたペブルベッド炉では、炭化ウランを燃料の芯に用いていた(ドイツで設計されたものは二酸化ウランを用いていた)。

核燃料としては、炭化ウランはそのまま、または炭化プルトニウム(PuC および Pu2C3)と混ぜて利用される。混合物はウラン-プルトニウム炭化物(PuC U)と呼ばれる。

また、加速器のターゲット材としても広く使われている。

窒素と水素からアンモニアを合成する際に、炭化ウランを触媒として利用することがある[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ma, Benjamin. Nuclear Reactor Materials and Applications. Van Nostrand Reinhold Co, 1983, p. 167.
  2. ^ Also called diuranium tricarbide, it was reported by A.E. Austin, Acta Crystallographica, 1959, 12, 159-161.
  3. ^ Uranium dicarbide was reported by A.L. Bowman, G.P. Arnold, W.G. Witteman, T.C. Wallace and N.G. Nereson, Acta Crystallographica, 1966, 21, 670-671.
  4. ^ Hutchings, G. J., et al., Uranium-oxide-based catalysts for the destruction of volatile Chloro-organic compounds, Nature, 1996, 384, 341-343.