燐灰ウラン石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
燐灰ウラン石
燐灰ウラン石
分類 リン酸塩鉱物
化学式 Ca(UO2)2(PO4)2・10-12H2O
結晶系 正方晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 2.5
光沢 ガラス光沢
黄色、淡緑色
条痕 淡黄色
比重 3.2
蛍光 黄緑色
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

燐灰ウラン石(りんかいうらんせき、autunite)は、鉱物リン酸塩鉱物)の一種。ウランの主要な鉱石鉱物化学組成は Ca(UO2)2(PO4)2・10-12H2O。正方晶系紫外線を照射すると、黄緑色の蛍光を発する。

板状あるいは鱗片状をしているため、燐重土ウラン石燐銅ウラン石などとともに、ウラン雲母(uranmica)ともいわれる。

ウラン鉱床二次鉱物としてか、あるいはペグマタイトに産出する。日本では、岡山県鳥取県県境の人形峠鉱山などに産出する。

燐灰ウラン石グループ[編集]

燐灰ウラン石(autunite)
Ca(UO2)2(PO4)2・10-12H2O
sodium autunite
Na2(UO2)2(PO4)2・8H2O
燐重土ウラン石(uranocircite)
Ba(UO2)2(PO4)2・10-12H2O
燐銅ウラン石(torbernite)
Cu(UO2)2(PO4)2・10-12H2O
saléeite
Mg(UO2)2(PO4)2・10H2O
燐アルミウラン石(sabugalite)
HAl(UO2)4(PO4)4・16H2O
fritzscheite
Mn(UO2)2(PO4,VO4)2・10H2O (?)
uranospinite
Ca(UO2)2(AsO4)2・10H2O
heinrichite
Ba(UO2)2(AsO4)2・10-12H2O
砒銅ウラン石(zeunerite)
Cu(UO2)2(AsO4)2・10-16H2O
kahlerite
Fe(UO2)2(AsO4)2・12H2O
nováčekite
Mg(UO2)2(AsO4)2・12H2O
trögerite
(UO2)3(AsO4)2・12H2O (?)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]