熊本市交通局5000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西鉄1000形電車 (軌道) > 熊本市交通局5000形電車
5014AB(復帰前)


熊本市交通局5000形電車(くまもとしこうつうきょく5000がたでんしゃ)は、1976年(昭和51年)と1978年(昭和53年)に熊本市交通局(熊本市電)が西日本鉄道(西鉄)から購入した路面電車車両である。

西鉄福岡市内線時代[編集]

1953年(昭和28年)、西鉄の北九州線で1000形が使われ始めた。その後、1954年(昭和29年)に福岡市内線にもほとんど同仕様の車両が登場した。北九州線では1000形で統一されたが、福岡市内線では製造時期や会社などで1000形、1100形、1200形、1300形に分けられた。

熊本市交通局への移籍[編集]

移籍の経緯[編集]

1970年代当時、熊本市交通局の軌道事業も経営状況が悪化し、幹線の一部を含め路線規模の縮小が行われていたが、残存系統の利用者は多く、特に2系統においては朝ラッシュのピーク時には積み残しも発生するほどの混雑を生じていた。1975年頃にはオイルショック等による路面電車見直しの機運から、当面2系統の存続が図られることとなり、ラッシュ時の輸送改善の方策として福岡市内線の車両が第1次路線廃止で余剰になった車両を譲受して投入することとなった。車両譲受に当たっては製造年度の新しい1200形・1300形を希望したが、既に新しい車両は広島電鉄筑豊電気鉄道への譲受が決定されており、1000形の中でも状態の良い車両を選んで譲受することになった。

1976年(昭和51年)の移籍[編集]

まず、1976年(昭和51年)6月に移籍する車両を決めるため、交通局職員が西鉄城西車庫を訪問、1010AB・1011ABの2編成の移籍を決め、西鉄多々良車庫にて改装後、10月20日に搬出、11月6日より5010AB・5011ABとして営業を開始した。車番については、元々5000形になることは決まっていたが、5001、5002ではなく、元々の車番が残る5010AB・5011ABになった。元車番との関係は移籍前後の車番の関係の節参照。その法則は1978年(昭和53年)の増備の時にも引き継がれる。

1978年(昭和53年)の移籍[編集]

5010AB・5011ABの移籍でラッシュ時の積み残しが減少し好評だったため、1978年(昭和53年)に2編成増備された。10月にスクラップ扱いで1014AB・1015ABの2編成を購入、先に移籍した2編成の実績より改装工事は熊本市交通局大江車庫にて行われ、5014AB・5015ABに改番の上、同年12月末より運用開始した。先に移籍した5010AB・5011ABとの違いは、パーツが取られていたのでパンタグラフがZパンタになったこと(この2編成のパンタは前年度に廃車になった1080形1086、1087から流用と思われ、後年5010AB・5011ABもZパンタに交換されたが、こちらは既に廃車になっていた50形51と1084、8500形の種車になった1200形1202、1206、1208、1209のいずれかのパンタを流用されたと思われる[要出典])と車番の「5」の字体が熊本市電のものになった。

その後[編集]

4編成になった5000形は1979年(昭和54年)には全編成冷房改造施工。西鉄時代から引き続きツーマン方式で熊本での営業を再開されたが平日の朝ラッシュ時のみに運用され、それ以外は大江車庫で休んでいることが多かった。まれに貸切やイベントで日中で活躍することもあったが、夜間は滅多に活躍することはなかった。しかし毎年夏季に開催する火の国まつりの当時の花火大会の際には夜間も活躍し、当時の会場だった(江津湖付近)への多客輸送に大いに活躍した。

塗装は熊本で活躍するにあたり、黄色をベースに窓回りが空色とその下に赤の細線という斬新的なカラーリングで登場し、当時は市民から注目を浴びた。後に初代色とほぼ同じデザインで白色をベースに窓回りとその下の細線もコバルトグリーンに変更。更に今度は5010・5011が白色ベースに赤色と黄色の細線と赤色の斜め線、5014・5015は白色ベースに窓回りが緑色と赤の細線に側面後部に緑色の丸型のアクセント(更に一時期はKUMAMOTOCITYのローマ字を記載していた)と、熊本へ来てから幾度とも塗装変更を行った経緯を持つ。晩年は廃車になった5010を除く3編成は白色ベースに扉は深緑色と下部が黒色、バンパーは黄色のシンプルなデザインになり「K C T」「KUMAMOTO CITY TRASPORTATION SINCE1923」の文字が貼られ、車番も金属式からシールに変更、更に5014のみが2002年(平成14年)に西鉄時代の塗装に復元され、現在に至る。

系統幕も当時は全編成使用されていたが、後に現存する5014を除く3編成は撤去され、5010、5015は撤去後客窓で使用し、5011は客窓を埋められた(5014については後述の現状にて)。

現状[編集]

現在は9700形の増備で1999年(平成11年)に5010が、2009年(平成21年)に0800形が導入されるにより同年2月に5011が、同年5月に5015が廃車され、更に5015はオークションに出品されたために現存するのは5014の一編成のみである。なお、5014は2002年(平成14年)に西鉄時代の上半分ベージュ色、下半分マルーンの塗色に復元され現在に至る。また西鉄時代の塗装に復元した際、外部車番に関して前面は黒色で丸ゴシック体のシールを前面右上部に、側面は金属式を白色に塗装の上、復活した。

かつての5000形は停留所の長さ等の関係で2系統(熊本駅・田崎橋方面、現・A系統)専用での運行であったが、2002年(平成14年)に上熊本車両基地が完成してから全編成の拠点を大江車庫から上熊本車両基地へ変更したため、3系統(上熊本駅前方面、現・B系統)でも運用するようになったが、営業時はワンマンではなく、車掌が乗務するツーマン方式である。

西鉄は軌道線用として数多くの連接車両を世に送り出したが、唯一在籍する5014ABは冷房化されているものの、上段Hゴム支持の側窓に2枚折戸、それに丸い車体裾部、各車内注意項目等が現在も「西日本鉄道株式会社」と表記し、各社局で今も現役で使用されている車両としては最も西鉄時代の原形に近い。また西鉄で落成した中で主要機器と平行カルダン駆動、川崎OK台車の組み合わせが数少なかった中で現役として最後の1編成である。

唯一在籍する5014は故障で2009年(平成21年)頃より運用から外れ、上熊本車庫で超低床電車9701と共に留置していたが、2016年度中(平成28年度中)に本格的に復活すると発表された後、同年8月より福岡県筑紫野市の西日本鉄道筑紫車両基地で本線復帰へ向けて修理後2017(平成29)年3月上旬に上熊本車庫にて最終調整と上熊本駅~交通局前間で乗務員の操縦訓練が行われ、同年3月27日より運用復帰した。

復活後の姿。上半分の色が薄くなり福岡市内線時代のカラーに。

また、乗降口は従来通りの三扉で、在来車と同じアルミ製の側面経路板を中央扉と後扉に設置、経路幕は中央扉後部の上部固定窓に残存しているが照明器具は取り付けられていない。(前面は昼光色LEDへ交換)

乗降方法は進行方向より(前扉・降車口、中央扉・乗車口、後扉・乗降口)の従来のままであり、B系統の運行時は県立体育館前~洗馬橋間は上記で述べた通り電停の長さの関係上、後部扉(車掌台)から乗降が出来ないので要注意。

ICカードも対応しており、後扉(車掌台)に従来の手動式運賃箱から局内全車共通の循環式自動運賃箱とICカード乗車リーダー機が(中央扉も)設置され、前扉、後扉でチャージが可能である。

また、今回の復帰にあたり客窓枠に降車ボタン(レゾナント・システムズ社製SPL-10D)の増設と降車チャイムの電子化、各扉のステップ改良と保安装置(マットスイッチ)を中央扉に追加されている。ただし、発車合図は従来のベルタイプで、開閉ブザーは引き続き中扉のみに設置されているがブザーは旧型の大光電気製のベルタイプである(旧型車両(1050~1350形)がワンマン改造された際に、このタイプの開閉ブザーを使用していたが、20年程前に同社のDBT-10CU型電子ブザーに交換されて現在に至り、かつての熊本市営バス新規導入車もこのブザーだった(現在、熊本都市バスで確認出来る))。また、5月に車掌台の背もたれを追加し、車掌台への侵入を防ぐ鎖が取り付けられた。

なお、車体は引き続き西鉄時代の旧塗装で出場しており、2017年(平成29年)時点で還暦にあたる車歴60年での復帰運用になり、西鉄時代より熊本での在籍時間が長くなっている。

復帰後の運用時間等は平日のみであり、朝に上熊本~健軍町の一往復と、5月より追加で夕方に上熊本→健軍町→田崎橋→健軍町→上熊本(入庫)のラッシュ時間帯の運用に入っており、それ以外は具体的に発表されていないので、注意が必要である。

移籍前後の車番の関係[編集]

  • 1010AB → 5010AB
  • 1011AB → 5011AB
  • 1014AB → 5014AB
  • 1015AB → 5015AB

前述の経緯から西鉄から1012AB・1013ABを導入しなかったため、5012AB・5013ABは当初から欠番となっている。なお、1011AB・1014AB・1015ABの3編成は西鉄時代に一時期北九州線に転属していて、2000形2011AB・2014AB・2015ABで活躍していた経緯を持つ。

また、形式の5000の由来は昭和50年代に導入したということからである。

主要諸元[編集]

(一編成当たり)

  • 製造年:1957年(昭和32年)
  • 全長:9200mm×2
  • 全幅:2400mm
  • 全高:3805mm
  • 自重:10.993+11.404t(冷房改造後)
  • 車体構造:全金属製
  • 定員(着席):65(27)人×2
  • 出力・駆動方式:38kw×2×2、平行カルダン

各車状況[編集]

  • 5010:1976年(昭和51年)11月5日車両認可→1999年(平成11年)3月廃車・解体
  • 5011:1976年(昭和51年)11月5日車両認可→2009年(平成21年)2月廃車・解体
  • 5014:1978年(昭和53年)12月15日増加届→故障と経年劣化による長期休車後、整備を受け2017年(平成29年)3月27日に営業運転を再開した。
  • 5015:1978年(昭和53年)12月15日増加届→2009年(平成21年)5月に引退、廃車。Yahoo!オークションの官公庁オークションに出品され、2011年(平成23年)12月に鹿児島県のリサイクル業者が128万8000円で落札した。2012年4月から、リサイクル業者の観光施設(鹿児島県薩摩川内市)で児童図書館として利用している[1][2]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本市電を児童図書館に 薩摩川内 - 373news.com(南日本新聞)、2012年1月18日[リンク切れ]
  2. ^ ダチョウドリームエコランド”. 丸山喜之助商店. 2015年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 寺田裕一 『ローカル私鉄車輌20年 路面電車・中私鉄編』 JTB(現、JTBパブリッシング)〈JTBキャンブックス〉、2003年4月。ISBN 4-533-04718-1
  • 「熊本市電70年」細井敏幸(著) 1995/02/14
  • 中村弘之 『熊本市電が走る街今昔』 JTBパブリッシング(JTBキャンブックス)、2005年

外部リンク[編集]