湯浅芳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯浅 芳子
Yuasa Yoshiko.JPG
1949年
誕生 湯浅 ヨシ[2]
1896年12月7日[2]
大日本帝国の旗 大日本帝国京都府京都市
下京区(現東山区)問屋町[2]
死没 (1990-10-24) 1990年10月24日(93歳没)[1]
職業 ロシア文学者翻訳家[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

湯浅 芳子(ゆあさ よしこ、1896年12月7日 - 1990年10月24日)は、ロシア文学翻訳者。

略歴[編集]

京都府京都市出身。裕福な商家に生まれる[3]。17歳で日本女子大学英文予科に入学したが、中退してロシア文学者の昇曙夢に師事、ロシア文学ロシア語を学びはじめる。作家の田村俊子にファンレターを送ったのをきっかけに、1915年から田村との交流が始まる[4]。田村は湯浅からの書簡をほとんどそまま使って小説「緑色」を執筆[4]愛国婦人会機関誌『愛国婦人』の編集[2]に従事する中で、ロシア文学の翻訳・紹介を志す。24歳のとき京都の芸妓・北村セイと同棲[3]

その後、野上弥生子の紹介で宮本百合子(当時は中条百合子)と知り合い、1924年から、当時の夫と離婚した百合子と共同生活を送る。1927年から1930年にかけて、百合子とともに当時のソ連に滞在する。帰国後は、ロシア・ソビエト文学の翻訳紹介を行い、21世紀までよみつがれる翻訳を発表した。1947年12月から1年間、婦人民主クラブ機関紙『婦人民主新聞』の編集長も務めた[2][5]。この時期のことは百合子の『伸子』『二つの庭』『道標』に詳しい。

百合子とは、彼女の再婚を期に共同生活を断ち、その後は深い関係にはいたらなかった。百合子は後年、湯浅との関係について「互の感情生活も極めて複雑であった」と夫婦にも似た関係であったことを書いている[6]。湯浅は晩年の1978年になって、自分宛の百合子書簡を編集、発表し、百合子の全集が刊行される前の時期の研究の深化に寄与した。同性愛者であり、百合子をはじめとして何人かの女性と同棲生活を送ったが、異性と恋愛関係になることは最後までなかった(瀬戸内寂聴「孤高の人」によれば処女のまま生涯を終えたという)。生涯独身を貫いたこと(ただし晩年は、茶人尾崎一雄夫人の異母姉である山原鶴が事実上のパートナーだった)で、フェミニズムの立場からの注目も集まっている。

晩年は浜松老人ホームで暮らした[3]。同年10月、93歳で没した。死後、彼女の功績を記念し、外国戯曲の優れた翻訳・脚色・上演を行った者に贈られる湯浅芳子賞が作られた。

死去の8か月前、沢部仁美が晩年の湯浅に取材し書き上げた『百合子、ダスヴィダーニヤ 湯浅芳子の青春』が刊行され、百合子との関係を含む半生が詳しく紹介された[7]

1997年に生前の湯浅と交流があった瀬戸内寂聴による回想評伝『孤高の人』が出版された。2008年には百合子との往復書簡が刊行された。2010年には映画百合子、ダスヴィダーニヤ』(浜野佐知監督)が制作された。

著書[編集]

  • 『いっぴき狼』筑摩書房 1966年
  • 『狼いまだ老いず』筑摩書房 1973年
  • 宮本百合子著、湯浅芳子編『百合子の手紙』筑摩書房、1978年
  • 『往復書簡宮本百合子と湯浅芳子』黒澤亜里子編著、翰林書房、2008年

主な翻訳[編集]

  • チェホフ全集 妻に送つたチェホフ書簡集』新潮社, 1928年
    • チェーホフ『妻への手紙』岩波文庫(上下)
  • ゴーリキイ全集 幼年時代・随筆』改造社, 1931年
  • チェーホフ『三人姉妹』岩波文庫, 1932年、改版1950年
  • ツルゲーネフ『処女地』岩波文庫, 1936年、1974年
  • アウデエンコ[注 1]『私は愛す』ナウカ社, 1936年
  • マキシム・ゴリキイ『二十六人と一人』山本書店, 1936年
  • ゴーリキイ『日記の中から』改造社, 1937年
  • 『チェーホフとゴーリキイ往復書簡集』筑摩書房, 1941年
  • ゴーリキイ『人間の誕生』岩波文庫, 1946年
  • ニコライ・シチェードリン『ゴロヴリヨフ家の人々』世界文学社, 1948年、岩波文庫(上下), 1975年
  • チェーホフ『桜の園』岩波文庫, 1950年
  • ツルゲーネフ『その前夜』岩波文庫, 1951年
  • チェーホフ『伯父ヴァーニヤ』岩波文庫, 1951年
  • チェーホフ『かもめ』岩波文庫, 1952年、のち改版
  • ゴーリキイ『追憶』岩波文庫(上下), 1952年
  • サムイル・マルシャーク森は生きている岩波少年文庫, 1953年、新版2000年
  • マルシャーク『幸福はだれにくる』岩波少年文庫, 1956年
  • チェーホフ『中二階のある家・わが生活』岩波文庫, 1959年
  • チェーホフ『退屈な話・六号病室』岩波文庫, 1963年
  • マルシャーク『魔法の品売ります』岩波書店, 1966年
  • ゴーリキイ『幼年時代』岩波文庫, 1968年
  • ゴーリキイ『世の中へ出て』岩波文庫(上下), 1971-72年

伝記[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 湯浅芳子 ゆあさ-よしこ”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社. 2018年7月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 沢部仁美『百合子、ダスヴィダーニヤ : 湯浅芳子の青春 湯浅芳子年譜』文藝春秋、1990年2月25日、301-310頁。ISBN 4-16-344080-1
  3. ^ a b c 「百合子、ダスヴィダーニヤ」
  4. ^ a b 「田村俊子と女弟子 : 新発見の湯浅芳子日記・書簡をめぐって」黒澤 亜里子 沖縄国際大学文学部紀要. 国文学篇 19(2), 133-159, 1991-03-25
  5. ^ その人の四年間――婦人民主クラブの生い立ちと櫛田ふきさん、宮本百合子、青空文庫
  6. ^ 『なつかしい仲間』宮本百合子、青空文庫
  7. ^ 沢部仁美『百合子、ダスヴィダーニヤ : 湯浅芳子の青春』文藝春秋、1990年2月25日、1-311頁。ISBN 4-16-344080-1

外部リンク[編集]