渡部哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡部 哲哉(わたなべ てつや、 1973年4月23日 - )は、日本吹奏楽作曲家編曲家サクソフォン奏者。株式会社ネクサス音楽出版代表取締役。元航空自衛隊音楽隊員。作曲集団『風の会』会員。

人物[編集]

東京都田無市(現、西東京市)生まれ。編曲を小学校1年生から、サックスを高校から始める[1]

東京コンセルヴァトアール尚美に在学中、選考優秀賞及び総合優秀賞を受賞。1996年、同校を首席で卒業、卒業演奏会に出演。同年、航空自衛隊に入隊し、航空自衛隊の職種の一つである「音楽員」として演奏および作編曲に従事する。

1997年、日本吹奏楽学会主催「管楽合奏のための作編曲コンテスト」で「佳作」入選および「審査員特別賞」を受賞。

2002年日本吹奏楽指導者協会(JBA)下谷賞選考会で「下谷賞優秀賞」(第1位)受賞。2003年2006年にも「佳作」(第2位)に入選。

2004年自由演奏会作曲コンクールで「最優秀賞」(第1位)を受賞。

2010年には、初のピアノ作品となる『弥生〜柔らかな日差しと共に』がPTNAステップの課題曲に選定された。

航空自衛隊浜松基地静岡県浜松市)に所在する中部航空音楽隊コンサートマスターを務めていたが、2017年3月に航空自衛隊を退職した[2]。同年4月、浜松市内に「ネクサス音楽出版」を設立し、代表取締役に就任した[2]

これまでに、サクソフォンを小串俊寿に師事。室内楽を服部吉之、岩本伸一、作編曲法を伊藤康英高橋伸哉、指揮法を林紀人、吹奏楽を鈴木孝佳(TAD鈴木)、近藤久敦、小澤俊朗、佐藤正人より学ぶ。

主な作品[編集]

作曲[編集]

  • コンサートマーチ「ジョイフル・ポケット」〜私の大事なおもちゃ箱(2002年、JBA下谷賞)
  • 吹奏楽のための舞楽「古都の彩」(2003年、JBA下谷賞佳作)
  • 行進曲「風の音に乗って」(2004年、自由演奏会作曲コンクール最優秀賞)
  • 「オマージュ」〜限りある空の時を
  • 行進曲「春色の扉」(2003年、JBA下谷賞佳作)
  • 「オマージュ」〜潤いは全てに生命を与えた
  • 落ち葉の舞う季節(木管三重奏・クラリネット八重奏・木管八重奏)
  • 「花柳の舞」〜舞妓たちの光と陰(金管八重奏・吹奏楽)
  • 懐古の時間(木管五重奏)

編曲[編集]

他、400余に及ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ プロに訊け サクソフォーン奏者&作・編曲家 渡部哲哉氏”. 尚美ミュージックカレッジ専門学校 (2006年2月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ a b 作曲者紹介”. ネクサス音楽出版. 2017年4月18日閲覧。