いやいやながらの王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いやいやながらの王様(Le roi malgré lui)は、エマニュエル・シャブリエが作曲した3幕からなるオペラ・コミック(またはオペレッタ)である。「不本意な王」とも称される。

概要[編集]

3曲残しているシャブリエのオペレッタのうち2番目に書かれた『いやいやながらの王様』は、1887年に作曲が行われ、短期間のうちに完成された。同年の5月18日パリで初演された。しかし現在では、殆ど上演されることが少なく、第2幕で演奏される「ポーランドの祭り」や第3幕の「スラヴ舞曲」のみが演奏されるぐらいである。

台本はE.ド・ナジャとP.ビュランによる。

ポーランドの祭り[編集]

「ポーランドの祭り」は、第2幕で演奏される音楽で、舞踏の広間の情景を描いている。演奏会などで多く演奏される有名な楽曲である。

スラヴ舞曲[編集]

「スラヴ舞曲」は、第3幕への導入の音楽で、華やかで生き生きとした雰囲気を盛り上げる。こちらも多く演奏される。