渡邊剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡邊 剛(わたなべ ごう, 1958年 - )は、日本の心臓血管外科医、医学博士ニューハート・ワタナベ国際病院総長、国際医療福祉大学客員教授、帝京大学客員教授。日本ロボット外科学会理事長、日伯研究者協会副会長、自由が丘クリニック顧問、元金沢大学心肺・総合外科教授。

プロフィール[編集]

東京都出身。ドイツのハノーファー医科大学にて、ドイツ心臓外科の父と呼ばれるHans G Borst教授に学び、2年半の臨床留学中2000件にわたる心臓手術を経験。チーフレジデントとして又、32歳で日本人最年少の心臓移植執刀医として活躍。帰国後、2003年に人工心肺を用いない心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB))を成功させる。41歳で金沢大学心肺・総合外科の教授となる。また心臓アウェイク手術(自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術)や、外科手術用ロボットの"ダヴィンチ"を使った心臓手術など日本で初めての手術を次々に成し遂げる。低侵襲冠動脈バイパス手術の経験は日本で最も多く、手術の成功率は99.6%。現在、日本で唯一ロボット心臓手術を行っており「心臓外科のブラック・ジャック」と呼ばれる。国際低侵襲心臓手術学会(ISMICS)のBoard Directorを務めるなど、国内外の心臓外科領域の進歩に大きく貢献。2005年から2011年6月まで、東京医科大学の新設“心臓外科”初代教授として金沢大学と兼任。2014年5月、ニューハート・ワタナベ国際病院を開設し、総長に就任。

経歴[編集]

  • 1984年 金沢大学医学部卒業
  • 1989年 医学博士号取得、ドイツ・ハノーファー医科大学 心臓血管外科 留学
  • 1992年 金沢大学医学部附属病院
  • 1992年 富山医科薬科大学医学部
  • 2000年 金沢大学医学部外科学第一講座教授
  • 2003年 東京医科大学 客員教授
  • 2005年 東京医科大学心臓外科教授(兼任)
  • 2011年 国際医療福祉大学 客員教授
  • 2013年 帝京大学心臓外科 客員教授
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 総長

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ヘルスケアスペシャル~毎日の笑顔のために~(TBSラジオ) - 2016年9月18日
  • 渡邊剛の週末ハートカルテ(TBSラジオ)[1] - 2017年4月1日

脚注[編集]

  1. ^ 渡邊剛の週末ハートカルテ”. 2017年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]