渡邊剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 剛(わたなべ ごう、1958年 - )は、日本の心臓血管外科医、医学博士ニューハート・ワタナベ国際病院総長、国際医療福祉大学客員教授、帝京大学客員教授。日本ロボット外科学会理事長、日伯研究者協会副会長、自由が丘クリニック顧問、元金沢大学心肺・総合外科教授。

プロフィール[編集]

東京都出身。ドイツのハノーファー医科大学にて、ドイツ心臓外科の父と呼ばれるHans G Borst教授に学び、2年半の臨床留学中2000件にわたる心臓手術を経験。チーフレジデントとして又、32歳で日本人最年少の心臓移植執刀医として活躍。帰国後、2003年に人工心肺を用いない心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB))を成功させ、世界初の完全内視鏡下心拍動下冠動脈バイパス術を行う。[1]

1998年には全身麻酔を用いない局所麻酔によるawake off-pump冠動脈バイパス術を創始し、脳血管障害や呼吸器合併症の患者にも応用した。[2] [3]

2014年5月にニューハート・ワタナベ国際病院を開設し総長に就任。開設当時は渡邊が主宰していた金沢大学第一外科より多くのスタッフが同時に移動し、地元紙では大きなニュースとなった(2014年4月17日 北國新聞)。[4]

ロボット心臓手術に関しては、特に僧帽弁膜症に対して完全内視鏡下の鍵穴手術(キーホール手術)を考案。[5]日本で唯一行っており、その数は200件を超える。

2019年には世界で最もda Vinci心臓手術を行った外科医として表彰された。[6]

ロボット手術の安全な普及を目的として、2015年にロボット心臓手術関連学会協議会が発足した。日本胸部外科学会日本心臓血管外科学会日本ロボット外科学会の三学会により構成され、施設の認定、術者の認定業務を行っている。ロボット手術の臨床開始には本協議会からの派遣のプロクターによる指導を受けることが義務付けられている。2018年4月にはロボットを用いた心臓弁膜症の弁形成術は保険診療として認められている。

経歴[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Watanabe, Go; Takahashi, Masao; Misaki, Takuro; Kotoh, Keijyu; Doi, Yoshio (1999-12-18). “Beating-heart endoscopic coronary artery surgery” (English). The Lancet 354 (9196): 2131–2132. doi:10.1016/S0140-6736(99)05262-9. ISSN 0140-6736. PMID 10609821. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(99)05262-9/abstract. 
  2. ^ Watanabe, Go; Tomita, Shigeyuki; Yamaguchi, Shojiro; Yashiki, Noriyoshi (2011-10). “Awake coronary artery bypass grafting under thoracic epidural anesthesia: great impact on off-pump coronary revascularization and fast-track recovery”. European Journal of Cardio-Thoracic Surgery: Official Journal of the European Association for Cardio-Thoracic Surgery 40 (4): 788–793. doi:10.1016/j.ejcts.2011.01.034. ISSN 1873-734X. PMID 21459602. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21459602/. 
  3. ^ 医学・医療の電子コンテンツ配信サービス”. 医書ジェーピー. doi:10.11477/mf.1404100056. 2020年10月1日閲覧。
  4. ^ 金大病院旧第一外科ピンチ. 北国新聞. (2014年4月17日 2014) 
  5. ^ Ishikawa, Norihiko; Watanabe, Go; Tomita, Shigeyuki; Nagamine, Hiroshi; Yamaguchi, Shojiro (2009). “Japan's First Robot-assisted Totally Endoscopic Mitral Valve Repair With a Novel Atrial Retractor” (英語). Artificial Organs 33 (10): 864–866. doi:10.1111/j.1525-1594.2009.00822.x. ISSN 1525-1594. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1525-1594.2009.00822.x. 
  6. ^ 2019年におけるロボット心臓手術執刀数が世界一に” (日本語). ニューハート・ワタナベ国際病院ブログ. 2020年9月30日閲覧。
  7. ^ 渡邊剛の週末ハートカルテ”. 2017年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]