消化管機能改善薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

消化管機能改善薬(しょうかかんきのうかいぜんやく)とは内容の排出異常を改善する薬である。胃炎や機能性上部消化管症候群の自覚症状を改善する薬である。器質的疾患の改善に本質的な効果はないと考えられている。

機能性上部消化管症候群[編集]

胸やけ、げっぷ、悪心、胃もたれ感、上腹部の痛みといった上部消化管の自覚症状があるにもかかわらず内視鏡にて器質的な異常がない場合を機能性上部消化管症候群という。

胃腸機能改善薬の分類[編集]

副交感神経刺激薬(アセチルコリン作動薬)
S.M散
ドパミン受容体拮抗薬(抗ドパミン薬)
ドパミンD2受容体は消化管にもCTZにも存在するため、消化器症状による悪心がある場合は特に重宝する。
メトクロプラミド(プリンペラン®)、ドンペリドン(ナウゼリン®)など
オピアト作動薬
消化管に存在するオピオイド受容体に作用する。
マレイン酸トリメブチンセレキノン®)
選択的セロトニン5-HT4作動薬
クエン酸モサプリドガスモチン®)
消化酵素薬
消化酵素配合薬
エクセラーゼ
漢方薬
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、安中散(あんちゅうさん) 、六君子湯(りっくんしとう) などを用いる。