六君子湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツムラ六君子湯エキス顆粒(医療用)[1]

六君子湯(りっくんしとう)とは、漢方方剤の一種。出典は明代の医書『万病回春』。

概要[編集]

補気剤の一種。

効果・効能[編集]

虚弱な人の消化不良、食欲不振、嘔吐などに用いる。

保険適用エキス剤の効能・効果[編集]

胃炎、胃アトニー胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐[2]

臨床試験[編集]

六君子湯は、上部消化管機能異常に起因すると考えられる食欲不振、胃部不快感、胃もたれなどの運動不全型の上腹部不定愁訴患者235 例(六君子湯エキス顆粒群118 例、低用量(40倍希釈)群117 例)による多施設共同の二重盲検ランダム化比較試験において、低用量群に比較して運動不全型の上腹部愁訴(dysmotility-like dyspepsia)が有意に改善した[3]

組成[編集]

白朮(びゃくじゅつ)[4]茯苓(ぶくりょう)、人参(にんじん)、半夏(はんげ)、陳皮(ちんぴ)、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう)、甘草(かんぞう)

方解[編集]

相互作用[編集]

併用注意[編集]

次の薬剤との併用により、偽アルドステロン症ミオパシーが出現しやすくなる[2]

  1. 甘草含有製剤
  2. グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤

副作用[編集]

次の副作用がある[2]

重大な副作用[編集]

偽アルドステロン症、ミオパシー、肝機能障害黄疸

その他[編集]

発疹蕁麻疹悪心、腹部膨満感、下痢など。

注意事項[編集]

高齢者は生理機能の低下、妊産婦、小児は安全性未確立のため、注意が必要である[2]

この漢方薬を元にした市販薬[編集]

小林製薬の市販薬「ギャクリア」はこの漢方薬を元にしている[1]

関連処方[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 本来白朮のところが蒼朮となっている。
  2. ^ a b c d ツムラ製品情報『ツムラ六君子湯』
  3. ^ 原澤茂ほか『医学のあゆみ』1998年、187巻、p207-29
  4. ^ a b c メーカーによっては蒼朮(そうじゅつ)となっており、白朮と蒼朮の混同は日本独自の古方派の影響であるが、補剤という方剤の性質上白朮を用いるべきとされ、蒼朮を用いたものは本来の意味からして処方そのものの使用目的が不明瞭との批判がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 六君子湯.jp 六君子湯のエビデンス情報が集められています。