半夏厚朴湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒(医療用)
ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒(医療用)

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)とは、漢方方剤の一種。出典は「金匱要略」。

概要[編集]

咽中炙臠いんちゅうしゃれん(のどのつかえ感)の証がある際に用いる気滞を改善させる漢方薬。

保険適用エキス剤の効能・効果[編集]

気分がふさいで咽喉、食道部に異物感がある際の不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症[1]

周期性嘔吐症に著効することがある[2]

組成[編集]

半夏(はんげ)6.0g、茯苓(ぶくりょう)5.0g、厚朴(こうぼく)3.0g、蘇葉(そよう)2.0g、生姜(しょうきょう)1.0g

副作用[編集]

発疹、発赤、そう痒[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒(医療用)
  2. ^ 越田全彦, 山崎武俊, 「半夏厚木湯が著効した周期性嘔吐症候群の一例」『日本東洋医学雑誌』 68巻 2号 2017年 p.134-139, doi:10.3937/kampomed.68.134

関連項目[編集]