津軽寿世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
津軽 寿世
時代 江戸時代
生誕 元禄11年(1698年9月
死没 宝暦8年2月11日1758年3月20日
改名 重視→寿世
別名 豊五郎、式部、采女
戒名 妙定院殿翠山泰翁大居士
墓所 寛永寺津梁院
陸奥黒石領
氏族 津軽氏
父母 父:津軽信政、母:増山正利の娘
養父:津軽政兕
兄弟 津軽信寿那須資徳津軽寿世
正室:津軽政兕の娘
津軽著高津軽朝儀多門信照伊達為清黒石尚央、娘(今大路寿国室)

津軽 寿世(つがる ひさよ、旧字体:津軽 壽世)は、陸奥弘前藩分家・黒石領4,000石の第4代当主。父は弘前藩4代藩主・津軽信政(寿世は五男)。正室は3代当主・津軽政兕の娘。子に著高(次代当主)、朝儀(とものり、津軽家一門及び家老・津軽百助家養子、津軽順朝の祖父)、多門信照(多門信良養子)、伊達為清(伊達為親養子)、黒石尚央、娘(今大路寿国室)。

正徳4年(1714年)7月12日、旗本・津軽政兕の婿養子となる。同年12月28日、将軍徳川家継にお目見えする。享保19年(1734年)6月21日、弘前藩分家黒石領4,000石第4代当主となった。この家の慣例により、宗家弘前藩主(当時は実兄で5代藩主の津軽信寿(信壽))から偏諱(「寿(壽)」の字)の授与を受けて寿世(壽世)と名乗る。元文4年(1739年)8月15日、館林城の在番を命じられる。宝暦4年(1754年)12月10日、隠居し、長男著高に家督を譲る。隠居後、泰翁と号する。