津軽信敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津軽 信敏(つがる のぶとし、正保2年(1646年) - 天和3年9月13日1683年11月1日))は、江戸時代旗本陸奥津軽黒石領の2代当主。初代当主・津軽信英の長男。領地は相続時点で5,000石、のち弟・信純上野領半分など1,000石を分知(黒石支藩、黒石別家)。妻は津軽信義の娘・美与。子は政兕、次男、信隣(主税)。

黒石は英邁で聞こえた先代信英の治世により、業種別の町割を奨めていたが、信敏はさらに「一町一業種一年間無税のお触れ」を出すなど、商業振興に勤めた。

  • 寛文3年(1663年)1月、15歳で家督を継ぎ、2代当主となる。(当時の黒石領主は交代寄合の旗本)
  • 延宝2年(1674年)、父・信英の13回忌に、信英霊廟を陸奥弘前藩本家4代藩主・津軽信政と共に参拝、石灯籠などを建立(黒石神社に現存)。
  • 天和2年(1682年)、上総大館に大館八幡宮を再興する(同地に本殿現存)。
  • 天和3年(1683年)9月13日、38歳で死去した。家督は長男の政兕が相続した。

若い頃から鷹狩りを好んだらしいことが、黒石の神社に伝わる伝承により推測される。