津軽承保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

津軽 承保(つがる つぐやす、文政4年11月29日1821年12月23日)- 嘉永4年9月24日1851年10月18日))は、陸奥国黒石藩の第3代藩主。初代藩主・津軽親足の次男。正室は高秭の娘。官位は従五位下、出雲守。

文政4年(1821年)11月29日、黒石にて生まれる。幼名は斧勝。初名は正足(まさたり)。天保10年(1839年)に、父の養嗣子として黒石藩第2代藩主となっていた津軽順徳が津軽順承として本家弘前藩の家督を継ぐこととなったため、同年5月16日にその後を受けて藩主となった。この時、順承から偏諱を受け、承保と改名した。嘉永4年(1851年)9月24日、31歳で死去し、跡を養子の承叙が継いだ。墓所は東京都台東区上野の津梁院。

略系図[編集]

津軽信政弘4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信壽弘5寿世黒(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信興著高黒(5)
 
 
 
朝儀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信著弘6寧親黒(6),弘9
 
 
 
朝定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信寧弘7信順弘10典暁黒(7)順朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信明弘8
 
 
 
親足黒(8)1承祐※a承叙※b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
順徳黒2順承弘11承保黒3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
承祐※a承昭弘12承叙黒4※b
 
 
 
 
 
 
 

  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 「弘」を付した数字は弘前藩主代数、「黒」を付した数字は黒石藩主代数(( )内はは旗本としての代数)を示す。