津軽親足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
津軽親足
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年8月29日1788年9月28日
死没 嘉永2年7月30日1849年9月16日
改名 安彦、三十郎(幼名)→親足
戒名 大常院殿果徳円明大居士
墓所 東京都台東区上野の津梁院
官位 従五位下、甲斐
幕府 江戸幕府
陸奥国黒石藩
氏族 黒田氏津軽氏
父母 父:黒田直亨、養父:津軽典暁
兄弟 黒田直英黒田直方黒田直清親足
正室:歌子(清光院、松平資承の娘)
正足(三男)
養子:順承

津軽 親足(つがる ちかたり)は、陸奥国黒石藩の初代藩主。元は4000石の旗本歌道に優れていたと言われている。

天明8年(1788年)8月29日、上総国久留里藩黒田直亨の四男として江戸で生まれる。文化2年(1805年)12月4日、縁戚関係にあった津軽典暁の養嗣子となって4000石の家督を継いだ。この時、先々代当主でこの当時は本家弘前藩主であった津軽寧親(典暁の父、母が黒田直純(直亨の養父)の娘)より偏諱を受け、親足と改名した。文化6年(1809年)4月5日に寧親の計らいで6000石加増の上で1万石の大名として諸侯に列し、弘前藩の支藩である黒石藩を立藩した。文政8年(1825年)11月5日、家督を養嗣子の順徳(後の順承)に譲って隠居し、嘉永2年(1849年)7月晦日に江戸で死去した。享年62。