汎新日本主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
汎新日本主義
ALI PROJECTスタジオ・アルバム
リリース
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
(TKCU-77135 - 77136)
(初回限定盤)
(TKCU-77137)
(通常盤)
チャート最高順位
  • 週間14位(オリコン)
  • 2010年度年間581位(オリコン)
  • 登場回数6回(オリコン)
  • 16位(Billboard JAPAN Top Albums
ALI PROJECT 年表
Poison
2009年
汎新日本主義
2010年
贋作師
2012年
テンプレートを表示

汎新日本主義』(はんしんにほんしゅぎ)は、宝野アリカ片倉三起也による日本音楽ユニットALI PROJECTの通算12枚目[1]オリジナルアルバム2010年9月29日徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

概要[編集]

オリジナルアルバムとしては『Poison』から約13ヶ月ぶりの発売。『Poison』『禁書』『Psychedelic Insanity』『Dilettante』と同様に10曲収録され、最終トラックがインストゥルメンタルとなる。

オリジナルアルバムとしては初めて、初回限定盤と通常盤の2形態で発売された。初回限定盤は、イラストレーター・feebeeによる宝野をイメージした描き下ろしイラストジャケットとなっており、「絶國TEMPEST」と『Dilettante』に収録された「愛と誠」のMusic Clip入りのDVDが特典として付属している。また初回限定盤のみ、6曲目は「帝都乙女決死隊」ではなく、楽曲とメロディは同一ながら歌詞の異なる「四神獣飼殺し」が収録されている。

キャッチコピー[編集]

脆弱な日本から、美しい日本の風土や精神や伝統への回帰。

収録曲[編集]

  1. 絶國TEMPEST [4:52]
    宝野は、曲・歌詞を総合するとかつての「嵐ヶ丘」の第二弾になると述べている。
    「孤島の島国の王妃の心情、國を護りたいという願い」が歌詞として綴られている。
    初回限定盤には、本曲のMusic Clipが収録されている。
  2. 髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る [5:56]
    「畏怖」をテーマにしている。宝野は「幻想庭園(最初期のアルバム)に直結している」と言う。
  3. 平成日本残酷物語 [4:46]
    宝野は「青嵐血風録」系の楽曲であるとコメントしている。
  4. 巴里と画家と女 [4:50]
    「祖国を捨てた若い画家と異国の恋人」を主題とした、アコーディオンの入った三拍子の曲。
  5. SENGOKU GIRL [4:23]
    歌詞はすべてカタカナと漢字の組み合わせで、ヴィジュアル・パンク系の曲となっている。
  6. 四神獣飼殺し(初回限定盤) / 帝都乙女決死隊(通常盤)
    楽曲とメロディは同一ながら、それぞれ歌詞が異なる。
  7. 鹿鳴館ブギウギ [5:28]
    『Poison』に収録された「極色一代女」に続く生ジャズver。
  8. 東方憧憬未見聞録 [5:38]
    「ヘテロ失楽園」以来のインドものと形容されている。
  9. 平和の因子 [3:55]
    雅楽風の音を交えたスローテンポな曲。
  10. この國よ静かに目覚めたまえ [4:39]
    インストゥルメンタル。楽曲の中に「君が代」のフレーズが取り入れられている。

特典DVD[編集]

初回限定盤のみ付属。

  1. 絶國TEMPEST
  2. 愛と誠
    バンド形式のPVになっており、宝野・片倉に加えてバイオリンの渡辺剛杉野裕も出演している。
    片倉がPVに出演するのは、ファンクラブで限定配布された「薔薇色翠星歌劇団」以来である。
  3. PVメイキング

参加ミュージシャン[編集]

  • 作詞:宝野アリカ
  • 作曲:片倉三起也
  • 編曲:片倉三起也(M1,M2,M3,M5,M6,M8,M9)、平野義久(M4,M10)、斉藤聡(M7)
  • ストリングスアレンジ:平野義久(M1)、渡辺剛(M8)

脚注[編集]

  1. ^ インディーズ作品含む

参考文献[編集]

外部リンク[編集]