ヴァイオリン協奏曲第2番 (バルトーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

'ヴァイオリン協奏曲第2番Sz.112は、バルトーク・ベーラ1937年8月から1938年12月31日[1]にかけて作曲した作品。生前はバルトークの唯一のヴァイオリン協奏曲と思われていたが、死後《ヴァイオリン協奏曲 第1番》が再発見され、第2番と番号付けされるようになった。演奏時間は35分から39分。

初演は1939年3月23日アムステルダムにて、ゾルターン・セーケイのヴァイオリン、ウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団により行われた。

楽器編成[編集]

独奏ヴァイオリン、フルート2(第2奏者ピッコロ持ち替え)、オーボエ2(第2奏者コーラングレ持ち替え)、クラリネット(A管)2(第2奏者バスクラリネット持ち替え)、ファゴット2(第2奏者コントラファゴット持ち替え)、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ小太鼓2(スネアあり、なし)、大太鼓シンバル(合わせシンバルとサスペンディッド・シンバル)、トライアングルタムタムチェレスタハープ弦五部

構成[編集]

以下の3楽章の構成をとる。

第1楽章 Allegro non troppo

ソナタ形式による。おおむねロ調(ロ短調)。独奏ヴァイオリンが弾きはじめる第1主題はヴェルブンコシュを踏まえた五音音階風だが、次第に音が増えていき、第2主題は12半音階の音がすべて出てくる。終盤付近にはヴァイオリン独奏で四分音まで使われる。演奏時間は約16分。

第2楽章 Andante tranquillo

変奏曲形式、ト調。6つの変奏によって構成される。演奏時間は約11分。

第3楽章 Allegro molto

ソナタ形式で、おおむねロ調。民俗舞曲的な疾走感が強い。また開始楽章の素材に基づいた主題が多用され(新しい主題もある)、バルトークの好んだアーチ形式が形成される。演奏時間は約12分。

脚注[編集]

  1. ^ 総譜のバルトーク自身の書き込みによる。

外部リンク[編集]