セーケイ・ゾルターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にゾルターン・セーケイと表記することもあります。

セーケイ・ゾルターンSzékely Zoltán, 1903年12月8日 - 2001年10月5日)は、ハンガリーのヴァイオリニスト作曲家

コチの生まれ。ブダペストフランツ・リスト音楽院フバイ・イェネーにヴァイオリン、コダーイ・ゾルターンに作曲を学ぶ。 1921年からベラ・バルトークと演奏活動を通して親交を結び、1937年にハンガリー弦楽四重奏団に第一ヴァイオリン奏者として参加した時には、バルトークからラプソディ第2番を献呈されている。また、バルトークにヴァイオリン協奏曲第2番の作曲を依頼し、アムステルダムのヒルヴェルサム放送で初演した。また、バルトークのルーマニア民族舞曲をヴァイオリンとピアノ用に編曲している。1940年から1942年にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団コンサートマスターを勤めた。1972年にハンガリー弦楽四重奏団が解散した後は、バンフ・センターの専属アーティストとして演奏活動を続けた。

作曲家としては無伴奏ヴァイオリン・ソナタや弦楽四重奏曲などを手がけている。

バンフにて没[1]

  1. ^ banffcentre.ca