Poison (ALI PROJECTのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Poison
ALI PROJECTスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ(TKCU-77133)
チャート最高順位
ALI PROJECT 年表
禁書
2008年
Poison
(2009年)
汎新日本主義
2010年
テンプレートを表示

Poison』(プワゾン)は、宝野アリカ片倉三起也による日本音楽ユニットALI PROJECTの通算11枚目[2]オリジナルアルバム2009年8月26日徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。なお当項目では、ALI PROJECTの2009年におけるライブツアー『Poison 〜毒を食らわば皿まで〜』についても扱う。

概要[編集]

オリジナルアルバムとしては『禁書』から約1年ぶりの発売。『禁書』『Psychedelic Insanity』『Dilettante』と同様に10曲収録され、最終トラックがインストゥルメンタルとなる。浪漫主義的白アリから目眩しく疾走感の黒アリまで、枠に嵌らない様々な音楽形態、独特のヴィジュ アルパフォーマンスで、聴く者観る者を異世界へと引きずり込む。アルバム・コンセプトは危険で妖艶、美しくロマンティックな音楽毒。

キャッチコピー[編集]

さあ 言葉に毒を盛ろう ひとおもいに その世界を殺してあげる 君の代わりに

収録曲[編集]

  1. Poisoner [4:39]
    ポイズナーと読み、「毒殺者」などの意味がある。フランス語などに良い言葉がなかったので英語を用いた。
  2. 処女懐胎、あるいは白骨塔より少女達は飛翔する [4:53]
    エレクトリックギターに「純文学的」歌詞を重ねる。
  3. お毒見LADY [4:53]
    テクノポップ」風の楽曲。
  4. 阿芙蓉寝台 [4:28]
    「あへんしんだい」と読む。宝野曰く「スプラッター」の歌詞らしい。
  5. 極色一代女 [4:35]
    いわゆるスカビートである。ALI PROJECTの楽曲には珍しく、生のジャズバンドが演奏している。
  6. Animals on the Earth [4:48]
    片倉は「大和ソング」路線で作曲したという。もしも大和ソングならばM1にする予定だったとのこと。
  7. 上海繚乱ロマンチカ [4:38]
    『Poison』で最初に完成した楽曲。「毒と美」をテーマに中国風に仕上げている。
  8. 世紀末ゲネシス [4:46]
    宝野の「合唱の入った曲を」との要望により作曲。
  9. この國の向こうに [4:58]
    ストリングスを駆使したバラード曲。
  10. discipline [instrumental [3:45]
    『この國の向こうに』のインストゥルメンタルチェンバロは生音である。

参加ミュージシャン[編集]

  • 作詞:宝野アリカ
  • 作曲:片倉三起也
  • 編曲:片倉三起也(M1,M2,M3,M4,M6,M7,M8)、平野義久(M9,M10)、斉藤聡(M5)
  • ストリングスアレンジ:渡辺剛(M1,M3,M4,M6)

ライブツアー[編集]

福岡会場・Zepp Fukuoka

ALI PROJECTの2009年のツアー『Poison 〜毒を食らわば皿まで〜』は、2009年9月下旬から10月上旬にかけて日本国内の4か所で開催された。2008年の「禁書発禁」ツアーと同様に、パンフレットには『Poison』の解説が掲載されている。

リストは日時、地名、会場の順。

ツアーには渡辺剛杉野裕(ヴァイオリン)、Olive、INGA、Cyantama、Ringo(ダンサー)が参加した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ALI PROJECT、BACKSTAGE PROJECT、勇侠会・編『ALI PROJECT TOUR 2009 Poison 〜毒を食らわば皿まで〜』 2009年。
    • 現地販売のパンフレット。「勇侠会」はALI PROJECTのオフィシャルファンクラブ。

外部リンク[編集]