渡辺剛 (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡辺 剛(わたなべ つよし、1968年9月4日 - )は、日本ヴァイオリニスト大阪府出身。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

略歴・人物[編集]

1987年京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)卒業。1990年6月より、G-クレフのメンバーとして活動を始める。NHK紅白歌合戦出場。

1991年、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

1994年7月、G-クレフ解散。以後、ソロ活動となる。

1996年にアルバム『GET』を発売。以降、様々なアーティストのライブやレコーディングに参加。特に、ALI PROJECTのレコーディングやライブ、ストリングスコンサートには、20年来ほぼ毎回のように参加しており、彼の演奏を堪能することができる。片倉三起也が作り出す音楽に、渡辺剛のヴァイオリンの音色、技術は欠かせない存在である。

2001年12月よりREDxRED SOUL COMPANYというダンスプロジェクトで作曲を担当。

舞台では、野田秀樹作・演出、大竹しのぶ主演『売り言葉』、THE CONVOY舘形比呂の作品などに出演。

ライブ『THE WATANABE BAND』(piano.江草啓太 あびる竜太 guitar.白𡈽庸介 近藤潔人 bs.三宅朝久 dr.宇野山満 内山雄貴)『mind!』(piano.深町純 guitar.白𡈽庸介)でリーダー、『THE WILL』『ユーラシアの風』ではメンバーとして活動した。

加藤登紀子ALI PROJECT、のサポート。

外部リンク[編集]