薔薇獄乙女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
薔薇獄乙女
ALI PROJECTシングル
初出アルバム『薔薇架刑
Gothic Opera
B面 極楽荊姫
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル Mellow Head
作詞・作曲 宝野アリカ(作詞)
片倉三起也(作曲)
プロデュース 片倉三起也
チャート最高順位
ALI PROJECT シングル 年表
勇侠青春謳
(2006年)
薔薇獄乙女
(2006年)
暗黒天国
2007年
薔薇架刑 収録曲
阿修羅姫
(9)
薔薇獄乙女
(10)
あたしがアリスだった頃
(11)
Gothic Opera 収録曲
百合の日々は追憶の中に潜み薫る
(7)
La Rose de la Reine〜薔薇獄乙女
(8)
Gothic Opera(instrument)
(9)
テンプレートを表示

薔薇獄乙女」(ばらごくおとめ)は、ALI PROJECTの楽曲。宝野アリカが作詞、片倉三起也が作曲を手掛けた。ALI PROJECTの18枚目のシングルとして2006年12月6日Mellow Headから発売された。

概要[編集]

前作「勇侠青春謳」から約2ヶ月ぶりのリリースであり、2006年3作目のシングル。

表題曲「薔薇獄乙女」は、テレビアニメローゼンメイデンオーベルテューレ』のオープニングテーマとして起用された。『ローゼンメイデン』関連の主題歌に起用されるのは14枚目のシングル「聖少女領域」となる。また、アレンジバージョン「La Rose de la Reine〜薔薇獄乙女」が6枚目のストリングスアルバムGothic Opera』に収録されている。

期間限定生産分にはDVDが同梱されており、起用された『ローゼンメイデンオーベルテューレ』のノンテロップオープニングアニメが収録されている。

2006年12月18日付のオリコン週間シングルチャートで11位を獲得した。初動売上は2.0万枚を記録した。

批評[編集]

CDジャーナルは、「全体的にドラマティックな雰囲気を醸し出しているストリングスと古風で耽美的な詞で、中近東風アレンジがされている。」と批評した[1]。各楽曲については表題曲「薔薇獄乙女」は、「アラブエキゾティックの雰囲気に古語、耽美的な歌詞が展開されているゴシックナンバー。」[1]、カップリング曲の「極楽荊姫」は、「古語を使用した歌詞がホラーテイストの愛憎劇を描いたゴシックナンバーであり、ドラマティックサウンドと宝野のヴォーカルがアンティークポップスワールドを展開している。」と批評した[1]

収録曲[編集]

CDシングル
全作詞: 宝野アリカ、全作曲・編曲: 片倉三起也
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「薔薇獄乙女」(テレビアニメローゼンメイデンオーベルテューレオープニングテーマ)宝野アリカ片倉三起也
2.「極楽荊姫」宝野アリカ片倉三起也
3.「薔薇獄乙女(off vocal)」宝野アリカ片倉三起也 
4.「極楽荊姫(off vocal)」宝野アリカ片倉三起也 
合計時間:

収録アルバム[編集]

楽曲 発売日 タイトル 備考
薔薇獄乙女 2007年4月4日 薔薇架刑 4thベスト・アルバム
2010年3月17日 Gothic Opera 6thストリングスアルバム。

出典[編集]

外部リンク[編集]