水口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水口駅
Minakuchi station shiga 1.jpeg
駅舎(2008年12月)
みなくち
MINAKUCHI
OR33 水口松尾 (1.1 km)
(0.6 km) 水口石橋 OR35
所在地 滋賀県甲賀市水口町新町1-2475
北緯34度58分27.31秒 東経136度10分37秒 / 北緯34.9742528度 東経136.17694度 / 34.9742528; 136.17694座標: 北緯34度58分27.31秒 東経136度10分37秒 / 北緯34.9742528度 東経136.17694度 / 34.9742528; 136.17694
駅番号 OR34
所属事業者 近江鉄道
所属路線 本線(水口・蒲生野線)
キロ程 43.8 km(米原起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
378人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1900年明治33年)12月28日
テンプレートを表示

水口駅(みなくちえき)は、滋賀県甲賀市水口町新町にある近江鉄道本線(水口・蒲生野線)のである。駅番号はOR34

市街地の北外れに位置する。のちに、より市街地に近い場所に水口石橋駅と水口城南駅が開設されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内踏切を挟んで千鳥式に配置された、2面2線の地上駅。平日の朝のみ有人(7:20 - 8:50)となる。なお、ホーム間は構内踏切で連絡している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
駅舎側 本線
(水口・蒲生野線)
下り 貴生川方面[1]
反対側 上り 米原方面[2]

※案内上ののりば番号は割り当てられていない。

備考
  • 2015年3月16日までは当駅 - 貴生川駅間において、当駅発着の列車が運行されていた。なお、当駅には折り返し設備が無いため、一旦上り方向(米原方面)に出てから運転士が指令所に連絡をした後、下り線のりばに入線する方式をとっていた。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。(甲賀市統計書より)

年度 一日平均
乗車人員
2006年 315
2007年 334
2008年 366
2009年 378
2010年 392
2011年 416
2012年 389
2013年 381
2014年 395
2015年 397
2016年 378

駅周辺[編集]

水口町(現在の甲賀市水口町)の中心駅であり、周辺には民家が多い。駅東側に古城が丘という住宅街や中学校・高校が、駅西側には工場・小学校・商業施設がある。なお、駅前を通る国道307号(現道)は日野水口グリーンバイパス(国道307号のバイパス)には繋がっていない。

バス路線[編集]

駅前を通る国道307号(現道)に「水口駅」停留所があり、甲賀市コミュニティバスの各路線が発着する。

水口駅
運行事業者 系統または路線名・行先 備考
甲賀市コミュニティバス 八田線:八田口 / 八田 / 下田
和野・中畑線:和野 / 上真海
三雲駅・市役所線三雲駅 / 水口東高校
貴生川・甲賀病院線:貴生川駅 / 綾野 / 甲賀病院
広域水口線:甲賀病院 / 甲賀駅北口 / 岩室里
土山本線田村神社 / 鮎河口 / 大河原
八田線:八田口行きは平日夕方に2便のみ運行
和野・中畑線:上真海行きは平日昼過ぎに1便のみ運行
三雲駅・市役所線:水口東高校行きは平日朝1便のみ運行
貴生川・甲賀病院線:平日のみ運行。うち2便は甲賀病院止り
広域水口線:平日のみ運行。岩室里行きは午後に1便のみ運行
土山本線:区間急行(朝の一部)は経由しない。鮎河口・大河原方面への直通は朝晩のみ

隣の駅[編集]

近江鉄道
本線(水口・蒲生野線)
水口松尾駅(OR33) - 水口駅(OR34) - 水口石橋駅(OR35)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 水口駅(貴生川方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  2. ^ 水口駅(米原方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]