水口町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなくちちょう
水口町
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
水口町土山町甲賀町甲南町信楽町甲賀市
現在の自治体 甲賀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
甲賀郡
団体コード 25363-4
面積 68.93km2
総人口 38,864
推計人口、2004年9月1日)
隣接自治体 土山町甲賀町甲南町信楽町
甲西町竜王町蒲生町日野町
町の木 ヒノキ
町の花 サツキ
町の鳥 キジ
水口町役場
所在地 528-866
滋賀県甲賀郡水口町大字水口6053番地
旧・甲賀市役所水口庁舎(旧・水口町役場)
座標 東経136度10分1.6秒
北緯34度57分57.3秒
Map.Minakuchi-Town.Shiga.PNG
 表示 ウィキプロジェクト
1948年の航空写真

水口町(みなくちちょう)は、かつて滋賀県の南東に存在した

古くから城下町、また東海道宿場町水口宿)として栄えた。2004年10月1日に水口町、土山町甲賀町甲南町信楽町が合併して甲賀市(こうかし)となったため廃止した。現在は「甲賀市水口町」として、地名に残る。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

東海道はかつて、現在のJR東海道線と異なり鈴鹿越えのルートを採っていたが、水口宿土山宿(旧・土山町)と並び、近江国(滋賀県)側の宿場町。甲賀市となった今も、市役所が置かれる中心的な町である。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、水口村・林口村・松尾村・中畑村・新城村の区域をもって水口村が発足。
  • 1894年(明治27年)8月18日 - 水口村が町制施行して水口町となる。
  • 1942年昭和17年)4月1日 - 柏木村(第1次)を編入。
  • 1948年(昭和23年)10月10日 - 大字泉・酒人・宇田・植・北脇が分立して柏木村(第2次)が発足。
  • 1955年(昭和30年)4月15日 - 伴谷村・柏木村(第2次)・貴生川町と合併し、改めて水口町が発足。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 土山町の一部(大字今郷)を編入。
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 甲賀町の一部(大字嶬峨・和野)を編入。
  • 2004年平成16年)10月1日 - 土山町・甲賀町・甲南町・信楽町と合併して甲賀市が発足。同日水口町廃止。

行政[編集]

  • 町長 西居 忠一、徳野 徳次、宍戸 貞六、林田 久一、西川 勝彦

姉妹都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

中学校

小学校

交通[編集]

  • JR草津線が草津から柘植をつなぎ、その中央部の貴生川駅で、信楽高原鉄道と近江鉄道が分岐している。道路は旧東海道の国道1号線と国道307号線が交差する交通の要衝。

鉄道[編集]

道路[編集]

公共施設[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]