彦根口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
彦根口駅
Hikone-guchi station.jpg
旧駅舎(2007年10月、米原方面のりば)
ひこねぐち
HIKONEGUCHI
OR05 ひこね芹川 (0.8 km)
(2.1 km) 高宮 OR07
所在地 滋賀県彦根市西沼波町655
北緯35度15分17.02秒 東経136度15分29.71秒 / 北緯35.2547278度 東経136.2582528度 / 35.2547278; 136.2582528座標: 北緯35度15分17.02秒 東経136度15分29.71秒 / 北緯35.2547278度 東経136.2582528度 / 35.2547278; 136.2582528
駅番号 OR06
所属事業者 近江鉄道
所属路線 本線(彦根・多賀大社線)
キロ程 7.8 km(米原起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗車人員
-統計年度-
438人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
888人/日
-2019年-
開業年月日 1901年明治34年)5月20日
テンプレートを表示

彦根口駅(ひこねぐちえき)は、滋賀県彦根市西沼波町にある近江鉄道本線(彦根・多賀大社線)のである。駅番号はOR06

歴史[編集]

駅構造[編集]

貴生川方面のりばの改札口(2007年10月)

相対式2面2線のホームを持つ地上駅である。ホーム間には構内踏切が設けられている。米原方面ホームに隣接して駅舎が建てられていたが、老朽化により2014年(平成26年)に解体された[3]

なお、下り線のりばへは、道路から直接入れる改札口が設けられている。無人駅であるが、平日の朝(7時10分 - 8時40分)のみ係員が駐在する。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
反対側 本線
(彦根・多賀大社線)
下り 貴生川方面[4]
旧駅舎側 上り 米原方面[5]

※案内上ののりば番号は割り当てられていない(駅舎があったほうを「旧駅舎側」と表記した)。

備考
  • 貴生川寄りは分岐器の関係でホームの一部は、ホームと線路の間隔がやや広くなっている。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。(彦根市統計書より)

年度 一日平均
乗車人員
2003年 260
2004年 242
2005年 260
2006年 315
2007年 323
2008年 336
2009年 331
2010年 368
2011年 375
2012年 358
2013年 340
2014年 313
2015年 310
2016年 426
2017年 471
2018年 466
2019年 438

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

下り線のりば側に「彦根口駅」停留所を設けていたが、2019年3月末をもって路線廃止となったため、駅に乗り入れる路線はなくなった。

「彦根駅口」停留所の廃止後、駅から最も近い停留所となったのは「岡町」である(JR琵琶湖線東海道本線)沿い)。ここではその停留所を発着する路線の情報を解説する。

※平日朝1本のみ運行。
※1時間に1本ずつ運行。事前予約制。

隣の駅[編集]

近江鉄道
本線(彦根・多賀大社線)
ひこね芹川駅(OR05) - 彦根口駅(OR06) - 高宮駅(OR07)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「停車場設値」『官報』1901年5月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「軽便鉄道停車場名改称」『官報』1917年1月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b 西崎 2019, p. 67.
  4. ^ 彦根口駅(貴生川方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  5. ^ 彦根口駅(米原方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  6. ^ 予約型乗合タクシー(愛のりタクシー)”. 甲良町. 2022年4月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 西崎さいき 『新駅舎・旧駅舎』イカロス出版、2019年6月30日、119頁。ISBN 978-4-8022-0725-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]