武内伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武内 伸(たけうち しん、1960年4月30日 - 2008年7月13日)は、日本ラーメン評論家神奈川県横浜市フードテーマパーク新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博と略)の元広報担当、日本ラーメン協会の元副理事長。福岡県鞍手郡(現宮若市)出身。「ラーメン王」のニックネームを持ち[1]、ラーメンの道を究めるために日本全国で6000食以上ものラーメンを食べ歩いたことで知られる[2]。「ラーメンは鶏ガラ、豚ガラ、(店主の)人柄の3ガラ」の名言を残す[3]

来歴[編集]

学生時代〜アマチュア活動時代[編集]

小学校へ上がる前からラーメンが大好きで、5歳で東京都へ転居した後、学生時代には近所のラーメン屋の食べ歩きを楽しんでいた。当初は九州生まれだけあって九州ラーメンを信奉していたが、麻布高校2年の時に山本嘉次郎のグルメ本をもとに、東京で名を馳せていた春木屋(東京都杉並区荻窪)のラーメンを食べたところ、東京ラーメンの未知の味に衝撃を受けてラーメンを極めることを決意し、食べ歩いたラーメンの感想や評価などの記録を始めた。高校在学中にすでに年間100軒のペースでラーメンを食べ歩くようになっており、やがて友人たちとラーメン研究の同好会を結成、日本大学理工学部在学時には食べ歩きの範囲は日本全国におよんだ[1][4]

大学を卒業し、ラーメンとは無関係の企業(工務店)に就職した後、1992年テレビ東京系列の『TVチャンピオン』で開催された「ラーメン王選手権」の第2代ラーメン王の座に輝いた。1995年の第3回選手権では準優勝の座に甘んじるが、このときの悔しさが、逆に「ラーメンで生きていきたい」「ラーメンに人生を賭けたい」と言う気持ちを強める結果となったという[4]。また、この番組出演の影響により、マスコミからの取材が増え、周囲の環境が大きく変化するきっかけとなった[5]

その後は同人誌などで独自のラーメン評論を開始。マスコミからもコメントや執筆などを依頼されるようになり、ラーメン評論の草分け的な存在となった。従来の多くのグルメライターや研究家は評論家として活動していたのに対し、食べる側としての武内の評価は、斬新な手法として好評を博していた[6][7]

新横浜ラーメン博物館での活動[編集]

1995年3月、横浜市にラー博がオープンすると、これに衝撃を受けた武内は一念発起し、同年12月にそれまでの勤務先を退職してラー博に入社し、広報担当として各種メディアへの出演に加え、ラーメン業界の発展振興のために全国を食べ歩いた[6][8]和歌山県徳島県出張時は10日間で40杯、九州出張時は2週間で70杯、北海道出張時に至っては20日間で93杯を食べたという[2][8]

後に肝臓を患い、日々の食事がほとんどラーメンであることを医師に咎められると、「私はラーメン評論家でして」と答えて医師を呆れさせ、その後もラーメンを食べ続けた[3]。「ラーメンばかり食べていると栄養が偏る」と指摘されたときには「だから栄養が偏らないよう、色々な店でラーメンを食べ歩いている」と屁理屈を返し、相手を閉口させていたという[4]。これ以降、肝臓の病が持病となった[3]

それまでに食べたラーメンは、すでに4000食に達していた[3]。当時の武内にとって、ラーメンは主食同然であり、年間に500食から600食のラーメンを食べる生活を送っていた[9]。食べ歩きは日本国内を越え、タイ中国にまで足を伸ばすようにもなった[10]2000年を過ぎると、食べたラーメンは4700食、訪れたラーメン屋の数は2700件に達した[1]

新横浜ラーメン博物館を退社後[編集]

2003年2月、ラー博を退職し、神奈川県相模原市有限会社ラーメン総合研究所を設立。ラーメン関連のテレビ番組制作、漫画原作、携帯情報サイト「超らーめんナビ」のガイド役など、幅広い活動をこなした。2006年には、食べたラーメンの数は6000食にまで昇っていた[2]

2007年10月、ラーメン産業の振興・発展を目的とする日本ラーメン協会の準備委員会の設立とともに、その会長に就任。それまでに培ったラーメン関連の各団体との繋がりを生かし、日本ラーメン協会設立に尽力した。翌2008年3月の協会設立後は、その副理事長に選任された[6]

この頃にはすでに肝機能障害で入退院を繰り返しており[3]、2008年春にさらに腰痛を併発したことで、第一線の活動を自粛。その後、体調の好転に合わせて徐々に仕事を再開し始めたものの、同2008年7月13日に肝硬変のため、入院先の神奈川県相模原市内の病院で死去した。48歳没[6]。生前に親交のあったラーメン店「支那そばや」創業者の佐野実は、武内の死を悼み「ラーメン業界の国宝のような人」と評した[3]

著作[編集]

関連書籍[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]