北島秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北島 秀一(きたじま しゅういち、1963年1月1日 - 2014年9月1日[1])は、日本のフードライターラーメン評論家。元新横浜ラーメン博物館広報担当。

経歴[編集]

広島県広島市出身。広陵高等学校卒。進学のため上京、大学の通学路にあった熊本ラーメン桂花に魅せられる。大学卒業後、大手電機メーカーに就職、出張先でラーメンを食べまくる。新横浜ラーメン博物館のサイト「ラーメンネット」の参加が同博物館のスタッフの目に留まり、1997年テレビ東京TVチャンピオン』第4回ラーメン王選手権に出場。決勝戦で石神秀幸との激戦の末惜敗、準優勝。これを機にこの後、同番組の問題作成委員会に加わり、また週刊現代など多くの雑誌にラーメン評論を掲載、ラーメンジャーナリストの草分けとなった。同年12月から自身のラーメン食べ歩記サイト「電脳麺記」を開始[1]1999年同博物館に転職、広報などを担当していた[1]白血病を患い2003年退職した。

その後はフリーのラーメンジャーナリストとして、雑誌への寄稿やテレビ出演などで活動した。その他、川崎駅前のラーメン横断組織「川崎麺店会」の発起人になるなどの活動も行った。2004年6月には、日本国内の全ての都道府県のラーメン食べ歩きを達成した[1]。また、日本ラーメン協会の設立メンバーの一人で、顧問を務めていた[1]

2014年9月1日、胆管癌のため死去[1]。51歳没。

外部リンク[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]