横江公美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横江 公美
(よこえ くみ)
人物情報
生誕 (1965-04-16) 1965年4月16日(54歳)[1]
日本の旗 日本 愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
出身校 明治大学経営学部
千葉商科大学大学院博士課程
学問
研究分野 アメリカ政治
シンクタンク
国際政治
メディア論
研究機関 プリンストン大学(客員)
ジョージ・ワシントン大学(客員)
ヘリテージ財団(客員)
東洋大学国際学部
学位 政策
テンプレートを表示

横江 公美(よこえ くみ、1965年- )は、日本の国際政治学者政策アナリスト東洋大学教授。

来歴[編集]

名古屋市生まれ。愛知県立中村高等学校明治大学経営学部を卒業後、1994年、松下政経塾15期生となる[2]

1995年、プリンストン大学、1996年、ジョージ・ワシントン大学客員研究員となる。2001年、日立製作所Vote.com英語版と合弁で立ち上げた、VOTEジャパンに入社し、取締役社長に就任[3][4]。2003年10月20日をもってサービスが終了し、会社も清算されたため、社長職も退任。

2004年、Pacific21を立ち上げる。政策、広報、企業研修に関するコンサルティングを行なう、代表兼政策アナリストとして活動。 並行し、母校である明大の兼任講師を勤めながら[5]2008年千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。因みに、同じ大学院の同級生に元テレビマンユニオンのプロデューサーで、上智大学文学部新聞学科の教授である、碓井広義がいる[6]

2011年7月、ヘリテージ財団のシニア・客員フェロー(Senior Visiting Fellow[7])として、2014年6月まで在籍[8](ただしCommentary活動は2011年12月から2013年9月の、2年半で終了[9])。2016年、東洋大学グローバル・イノベーション学科研究センターの客員研究員、非常勤講師を務める。2017年4月、同大学国際学部グローバル・イノベーション学科教授に昇格。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • モーリー・ウィノグラッド, マイケル・D.ハイス『アメリカを変えたM(ミレニアル)世代 SNS・YouTube・政治再編』監訳 岩波書店 2011年 ISBN 978-4-00-022056-9

出演番組[編集]

テレビ[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]