森芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 芳雄(もり よしお、1908年12月21日 - 1997年11月10日)は、日本の洋画家

二科展と「一九三〇年協会」展に入選し、パリ遊学中に、フランスのサロン・ドートンヌに入選。独立美術協会展海南賞受賞。

独立美術協会から自由美術協会の会員、さらに主体美術協会結成に参加。日米開戦後、東宝撮影所特別映画班で働く。そこで、独立美術協会展に出品していた撮影所の美術担当の久保一雄と友人になる。また、敗戦後、復員して動画部に入った斎藤博之とも出会う。1950年代は、『美術手帖』、『アトリエ』にフランスの思い出を綴るエッセイや名画の解説なども執筆。また、いくつかの出版物、児童書に挿絵も描いた。

武蔵野美術大学教授として後身の指導にあたる。

東京都美術館三重県立美術館いわき市立美術館に作品が所蔵されている。

養母を説いて、好きな画家の道を歩ませるよう承諾を取り付けたのは、義兄である牧師の堀内友四郎

経歴[編集]

独立美術協会会友になるまで[編集]

自由美術協会時代[編集]

主体美術協会結成[編集]

主な著書[編集]

  • 画集・図録
    • 『日本百選画集 森芳雄』(美術書院、1957年)
    • 『森芳雄画集』(日本経済新聞社、1974年)
    • 『森芳雄作品集』(日本経済新聞社、1975年)
    • 『森芳雄素描集』(朝日新聞社、1980年)
    • 『森芳雄 渋谷区立松濤美術館開館記念特別展』(渋谷区立松濤美術館、1981年)
    • 『森芳雄素描集』(弥生画廊、1981年)
    • 『日経ポケットギャラリー 森芳雄』(日本経済新聞社、1991年)
  • 解説書
    • 『洋画の技法 第4』(石川滋彦、高畠達四郎、岡鹿之助との共著、美術出版社、1956年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 森芳雄略歴 三重県立美術館サイト内
  2. ^ a b c d ごあいさつ 三重県立美術館サイト内
  3. ^ 森芳雄──人間像による重奏──中谷伸生 三重県立美術館サイト内
  4. ^ 常設展示1998年度【第4期展示】 三重県立美術館サイト内
  5. ^ 森芳雄略歴 三重県立美術館サイト内
  6. ^ 常磐炭田ネットワーク掲載のプロフィールでは、「特殊映画部」となっている。
  7. ^ a b c d e f g 森 芳雄常磐炭田ネットワーク
  8. ^ 「森芳雄」の詳細情報徳島県立近代美術館
  9. ^ 中谷泰年譜 中谷泰記事一覧 三重県立美術館 三重県立美術館サイト内