鳥居敏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥居 敏文(とりい としふみ、1908年2月26日 - 2006年8月15日)は、日本の画家

第9回独立展で独立美術協会賞、第13回独立展で岡田賞、第31回独立展で独立G賞を受賞。

社団法人日本美術家連盟委員、同連盟監事を歴任。「炭坑の家」(1956年)、「炭坑の町」(1959年)などがいわき市立美術館に所蔵されている。1992年2月〜3月の第45回日本アンデパンダン展(日本美術会主催)に出品された「迷路にて」[1]は、日本共産党本部に所蔵されている[2]

2004年6月、窪島誠一郎佐藤忠良野見山暁治らとともに、『九条の会』アピールを広げる美術の会」(略称・九条美術の会)発起人となる。亡くなるまで、独立美術協会会員。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『人物画入門』(保育社カラーブックス、1979年)
  • 『鳥居敏文画集』(鳥居敏文画集刊行会、1991年)

挿画・装画を描いた出版物[編集]

  • 『気象のはなし』(坪川光義、小峰書店、1941年)
  • 『チュウリップのまち』(与田準一、国民図書刊行会、1949年)
  • 『愛の学校. 1〜6年生』(塚原健二郎、東洋書館、1951年)
  • 『四年生の世界童話』(浜田広介、金の星社、世界童話名作選、1953年)
  • 『偉人の少年時代. 1〜6年生』(児童文学者協会、実業之日本社、1953年)
  • 『おはなしどうぶつえん. 1年生』(関英雄、泰光堂、1954年)
  • 『新日本少年少女文学全集』(田中豊太郎、ポプラ社、1957年)
  • 『シューベルト』(久保喬、金の星社、1958年)
  • グリム名作集2』(金の星社、1960年)
  • 家なき子』(マロー、あかね書房、世界児童文学全集、1960年)
  • 嵐が丘』(E.ブロンテ、金の星社、ジュニア版世界の文学、1960年)
  • 『ガリバーのぼうけん』(小出正吾、金の星社、世界の幼年文庫、1970年)

紙芝居[編集]

  • 『コウノトリになった王様』(教育画劇、世界名作童話紙芝居全集、 1953年)
  • 『雪うさぎ』(日下喜美子、教育画劇、伝承童話紙芝居シリーズ、1955年)

出典[編集]