林桜園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原道館跡の碑(熊本市千葉城公園内)

林 桜園(はやし おうえん、寛政10年(1798年) - 明治3年10月12日1870年11月5日))は、幕末思想家国学者教育者

来歴[編集]

1798年寛政10年)、肥後国熊本城下の山崎町(現・熊本市)に林又右衛門英通の第三子として生まれる。通称は藤次、実名は有通、桜園は号。別名に、通天、千葉城老人などがある[1]

はじめ藩立の時習館に学んだが、学風に満足せず自ら退学した。後、父と相談し国学者長瀬真幸に師事する。長瀬真幸は、肥後国学の独自の基礎を築いた高本紫溟の高弟の一人であり、帆足長秋の書籍を通じて本居宣長を知り、本居宣長の高弟ともなった人物で、その門下には林桜園のほか中島広足和田厳足らがいる[2]

1837年天保8年)、千葉城高屋敷(現・NHK熊本放送局の下の千葉城公園)に原道館(げんどうかん)を開く。多くの師弟が学び、その数は1400人以上に及んだと言われる。横井小楠佐々友房宮部鼎蔵吉田松陰[3]松田重助河上彦斎轟武兵衛太田黒伴雄加屋霽堅上野堅五斎藤求三郎大村益次郎島義勇真木保臣らが学んだ[4]

1870年明治3年)、新開大神宮の近くにある太田黒伴雄の家にて没。生涯を独身で過ごした。贈正五位。熊本県近代文化功労者。墓は熊本市黒髪の桜山神社にある[5]

思想[編集]

原道館の原道とは道の根源を探求するという意味であり、教育の柱は、敬神・愛国・皇室中心主義のいわゆる尊王攘夷の日本精神である。ただし授業は、古事記日本書紀万葉集源氏物語などの講義のほか、国学にとどまらず、儒学老子荘子仏教、医学、西洋の思想にも及んだ。生徒個々の能力に合わせ、必要であれば西洋の教えを取り入れる柔軟なものであった[6]

門下より数多くの人材を輩出した。特に明治維新で活躍した肥後勤皇党神風連の変を起こした敬神党などに大きな影響を与えた。

和歌[編集]

  • 世の中は唯何事もうちすてゝ 神を祈るぞまことなりける
  • いかばかりけふの別のをしからむ 散らぬ花咲く此の世なりせば
  • 誠心を君につくさば霊ちはふ 神そ守らん神そ護らむ

主な著書[編集]

  • 昇天秘説
  • 科戸風端書弁妄
  • 宇気比考
  • 桜園答書稿

出典[編集]

  1. ^ 熊本日日新聞社編『熊本人物鉱脈』熊本日日新聞社、1961、3頁
  2. ^ 鈴木喬編『熊本の人物』熊本日日新聞社、1982、108頁
  3. ^ 卯野木卯一良『肥後史話、最終判』肥後史普及会、1975、209頁
  4. ^ 熊本県教育委員会編『熊本県近代文化功労者』熊本県教育委員会、1981、219頁
  5. ^ 熊本県教育委員会『熊本の先覚者たち』秀巧社、1968、11頁
  6. ^ 加藤秀俊ほか編纂『人づくり風土記43熊本』農山漁村文化協会、1990、205頁

参考文献[編集]

  • 小早川秀雄『血史熊本敬神党』隆文館、1910、6-16頁
  • 福本日南『清教徒新風連』実業之日本社、1916、341-364頁
  • 石原醜男『神風連血涙史』大日社、1935、7-14頁
  • 渡辺京二『熊本県人』新人物往来社、1973、147-151頁
  • 荒木精之『巨人・林桜園』林桜園百十年記念顕彰会、1981
  • 熊本日日新聞社編纂『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社、1982、667頁
  • 熊本教育振興会編『肥後の人物ものがたり』熊本教育振興会、1988、80-81頁
  • 荒木精之『近代への叛逆 荒木精之著作集』熊本出版文化会館、1992

関連事項[編集]

外部リンク[編集]